mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

断片で心は覗けぬ

主演ドラマが放映中というのに新興宗教への入信が発覚して

ちょっとした騒ぎになっているタレントの新木優子さん。

そんな彼女の過去の発言を引用し、彼女は以前から言動がおかしかったとする

論調に筆者は引っかかるものがありました。

彼女の自分は生まれてこのかた恋愛経験がないしそういう感情を抱いた

こともないという発言と幸福の科学という彼女が信仰を寄せる新興宗教

結びつけようとする意図を持った論調に見えたけれど、恋愛など鬱陶しいと

いう彼女と同世代の若者も数えきれないほどいるし、恋愛経験がないと

いっただけで新興宗教かぶれたおかしいやつと結論付けてしまうのは

短絡的であって、清原和博さんや歌手のASKAが過去の薬物とは無関係の

言動があたかも薬物中毒によるもののように報道されて迷惑であったと

いう発言をしているという事実もあるし、有名人の発言の断片だけを

捉えてこれは新興宗教かぶれたせいだ、これは薬物のせいだなどと

言って断定的に報じることは性急すぎやしないかと思うのです。

秘書を禿げと罵った現職代議士にしても、週刊誌沙汰になった

車中での言動は確かに許されるものではないけれど、週刊誌に載った

彼女の言動だけを捉えてこんな言動をする人間は精神的におかしいと

いうのはこれまた性急であるし、酒に酔った勢いで、あるいは

ストレスやフラストレーションがたまって上司や部下を禿げと罵った

経験がある人も少なからずいるのではと思うのです。

この女性代議士や先の清原和博さんのようなしくじり先生と言える

有名人の謝罪会見の映像をコメンテーターの心理カウンセラーに

分析させる芸能ワイドショーもたまに見かけるけれど、臨床心理学を

かじったものからすればクライエントと直接対話していないのに

記者会見の映像だけを見てあの人の心理状態はこうですねと

分析することは本来は無理に近しいことであるし、汗をダラダラかいていたとか

記者会見でカメラの前に立つというのに服装が乱れていたという事象に

してもそれだけでは本人の心理的な問題というよりもただ単に汗っかきで

あるとか着替える時間や衣装を用意する時間が物理的に取れなかったという

可能性が拭えない以上心理分析の対象にはなり得ないと思うのです。

こうした芸能ワイドショーの心理分析ごっこもそうだけれど、明石家さんま

人気バラエティー番組に登場する心理カウンセラーの番組内での

言動にも臨床心理学をかじった人間として首を傾げたくなることが多々あるし、

テレビがたれ流しにする真偽の怪しい情報を鵜呑みにしてあの女優は

心理的にヤバいとか軽々しく言うべきではないと思うし、

斉藤由貴さんの不倫騒動の報道の影響で彼女が信奉するモルモン教

先の幸福の科学のようなカルト教団と同一視されたら不本意だと

答えた現役の信者の女性のことばに引っかかるものがあったのは

筆者だけではないと思うのですがいかがでしょうね。