mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

バカのセンター

AKB48時代のバラエティ番組の企画で無知ぶりを露呈してしまい、

バカのセンターという不名誉な称号を与えられてしまった川栄李奈さん。

確かにAKB48時代の彼女は自らおバカキャラを名乗ることもあったし、

バカのセンターと言われても肝心の選抜総選挙では苦杯を舐め続けることに

なったけれど、グループを卒業してからの彼女の活躍には目を見張るものが

あって、昨年のNHK総合テレビ連続テレビ小説での演技は女優としての

開花を感じさせたし、同じくNHK総合テレビで放送されている

ドキュメンタリー番組のナレーションを聞いていると思わず

聞き入ってしまうようでNHKや民放の本職のアナウンサーよりも

上手いのではと思うほどです。

先に触れたようにAKB48時代にはセンターに縁がなかった彼女が

オリックスの若手社員という設定のCMで日米のプロ野球

不動のセンターとして活躍してきたイチロー選手との共演を

果たしたことも何かの因縁のようだし、イチロー選手に勝るとも

劣らないオーラを発する存在になった彼女にはもはやバカのセンターという

称号は似つかわしくないと思うし、掟破りの結婚宣言をしたり

YouTube頼みの自転車操業の生活をカミングアウトアウトするなど

大丈夫かいなと言いたくなるような言動が目立ってきたAKB48の現役メンバーや

OGたちは彼女の背中を追って欲しいと言いたいところです。

一方であんたこそ本当の意味でバカのセンターだと一喝したくなる行為を

起こしてしまったのが女性アイドルとしてのAKB48の大先輩にあたる

元SPEEDの今井絵理子代議士です。

障がい者の子どもを持つシングルマザーとして芸能活動や社会奉仕に

取り組んできたことが評価されて自民党から参議院議員選挙に立候補して

当選を果たしたものの、同僚の議員から自分たちが政策の議論に使っている

SNSのグループに誘っても彼女は知らんぷりだし血税から歳費を

貰いながら国会を婚活の場に使ってくれては困ると言われているようでは

障がい者とその家族との代弁者というよりも永田町のバカのセンターと

言った方がいいように思えてしまうし、愛息そっちのけで妻子ある地方議員との

愛瀬に走っているようでは障がい者の愛息を売名に使っていたのかと

言われても彼女は反論できぬというあるテレビ番組での高木美保の指摘は

全くその通りであって、彼女には有権者、特に弱い立場に置かれながら

一縷の希望を託して彼女に一票を投じた障がい者や家族を裏切ってしまった

ことを猛省して欲しいと思うし、障がい者の子どもを持つ親の集まりに

出てもあんたは芸能人で恵まれているだろうという心ないことばを

かけられて悔しかったという代議士になる前の体験を思い起こして

欲しいところです。

こうしたことができぬというならば私は政界の川谷絵音ですという

タスキをかけた不倫相手と共に今井絵理子代議士も私は政界の

ベッキーです、いやバカのセンターですというタスキをかけて

永田町と人でごった返す銀座や渋谷を行脚した上で二人揃って

議席を返上して欲しいと思うのですがいかがでしょうね。

彼女に期待を寄せていた若い有権者障がい者とその家族の怒りは

それでも収まらないぐらいなのですから。