mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

終わらない闇

アメリカの永住権取得云々という不可解な理由で突然チームを離脱して

アメリカに渡航したまま帰国しなかった中日ドラゴンズの某外国人選手が

やっと帰国しました。

本拠地のナゴヤドームで彼にお帰りといって声援を送るファンや無連絡で

帰国したままの外国人選手などいらぬといった森繁和監督の本音は

いかばかりかと思うし、クライマックスシリーズ進出の可能性が残るチームに

やっと合流したこの外国人選手には半ば汚点のようになってしまった

前代未聞の帰国騒動を一蹴して調整の遅れを挽回するような活躍を

望みたいところだし、今回の中日ドラゴンズの騒動や日本のプロ野球から

アメリカのメジャーリーグを目指す大谷翔平投手の移籍話をきっかけに

持ち上がったポスティングシステムの改善論とともに、プロサッカーの世界の

海外移籍や海外選手の獲得に比べて柔軟性に欠けるとかブラックボックス的とか

不平等条約のようと言われる日本のプロ野球とアメリカのメジャーリーグとの

間での選手の移籍に絡んだ問題点の改善が進んでいけばと

思うところです。

さて、この日米間でのプロ野球選手の移籍問題以上にプロ野球の闇の部分を

白日に晒したのが読売ジャイアンツの現役選手が絡んだ野球賭博問題です。

親会社の豊富な資金力をバックに甘やかされて育ってきた読売ジャイアンツ

根性がなく庶民感覚に欠ける選手たちの体質が忌まわしい問題を生んで

プロ野球の歴史に汚点を残してしまった様に思えるけれど、この問題の

記憶が冷めないうちに読売ジャイアンツ、いや渡辺恒雄氏のために

あるようなフリーエージェント

制度で獲得した現役の投手が暴行騒動で被害届けを出される事案が起きて

ファンとしてはまたかと嘆息したくなる思いであるし、

酒乱トラブルの後も何食わぬ顔で友人と飲酒したり故郷を襲った豪雨災害の

募金活動に参加していたというこの選手に対して球団は罪の重さを理解させる

べく厳しい姿勢で臨んで欲しいと思うし、ファンやマスコミも

野球賭博問題と違って被害者の存在する事件であることや、巨人贔屓の

はずのスポーツ報知が半ば断定的にこの問題を報じていたことや

ミスタージャイアンツというべき長嶋茂雄さんがこの選手に苦言を呈して

いたことを真剣に捉えるべきと思うのです。

さて、この読売ジャイアンツのドンといえば拝金主義の塊のような

渡辺恒雄氏であることはいうまでもないですが、ドラフト会議での

裏金問題や先の野球賭博問題、そしてOBの清原和博氏の薬物事件を経ても

ゴキブリのようにしぶとく球界に生き残っている彼にはいい加減

巨人軍の選手は球界の紳士たれという不文律の意味を理解して

欲しいと思うし、彼の金の亡者のようなスタンスが変わらない限り

高橋由伸監督に変わって読売ジャイアンツの監督をしてやろうという

人物は現れないと思うし、またファンが目を背けたくなるような球界の闇の

部分が白日に晒されるのではないかと思うのですがいかがでしょうね。