mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

ドラマはドラマ

放送が始まったばかりの日本テレビ系列のドラマに対して、主人公の女優が

ふさわしくないとか内容が難解とかターゲットがわかりにくいといって

早速SNSで賛否両論の議論が起きているということでテレビの現場も

SNS全盛の時代になっていちいちネットの反応を気にしなければ

ならないようになってやりにくくなっている部分もあるのではと

思ったところです。

このドラマは初回の視聴率は次第点であったというのに主演の女優の

演技が軽薄だからこの子よりも何々ちゃんがいいなどとSNSで評定するのは

個人の私見を述べているのだからいいと言えばいいけれど、

まだ蓋を開けたばかりのドラマでしかも視聴率も悪くなかったのに

主演女優に対して主演失格の烙印を押すのは正直いかがなものかと

思うところです。

また、この日本テレビのドラマへの論評である意味でこの主演女優への

批判以上に問題と思うのが過保護に育てられた箱入り娘という主役の設定

だけを見てかつて放送されたTBSテレビの中居正広主役のドラマと

同じく発達障害をドラマで取り上げることが障がい者差別に

繋がらないか云々というものであって、確かに常軌を逸した荒唐無稽な言動で

某代議士や船越英一郎の妻が連日メディアに取り上げられる中で、

健常者とは異質な言動をするヒロインのドラマが好奇の目で見られると

いうこともありそうだけれど、発達障害というのは親の躾の問題というより

脳の気質に起因する部分が大きいものであり、過保護なせいで

常識外れの言動で周りを巻き込むヒロインを浅はかな知識で発達障害

決めつけてしまって大勢の視聴者が目にするドラマで障がい者差別をするなと

いうのは的はずれな批判のように思うし、臨床心理学の知識のある

筆者もこのドラマをちらと目にしたけれど、ヒロインのどこが発達障害

なのだろう、こんな風変わりな女性など珍しくないし、

先の某代議士や船越英一郎の妻のほうがよっぽどズレているではないかと

思ったところです。

さて、夏季の新しいドラマに対する批判でもうひとつ気になったのが

雑誌の読者モデルの世界を扱ったフジテレビのドラマに対する批判であって、

主演女優の体型が読者モデルという感じがしないというのは局にとっても

女優本人にとっても余計なお世話というところであろうし、

少年院暮らしが全寮制の学校のようとか少年法の元での非行歴は

前科にならぬというこれもドラマがベースの怪しげな憶測もそうだけれど、

まとめサイトSNSでの虚偽のニュースが問題になる中で我々には

ドラマの世界と現実の世界をごっちゃにせずに見ていく力も

求められると思うし、それがメディアリテラシーの力の習得に

つながっていくと思うのですがいかがでしょうね。

広告を非表示にする