mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

オールスターゲーム

普段は対戦のないアメリカンリーグナショナルリーグの人気選手の

対決を見たいと切望するひとりの少年の手紙をきっかけに始まった

アメリカメジャーリーグオールスターゲーム

我が国と違って一試合しか開催されないのは寂しいような気もするけれど、

9回で決着がつかないときは延長戦もあるし、我が国のように選ばれた

選手を使い切ろうとファンに配慮した采配をするのではなく、

夢の球宴であろうと勝負に徹した采配で真剣勝負が見られるのも

いかにも野球の母国アメリカらしくてかえって好感が持てるし、

セリーグパリーグのどちらが勝っても選手にはあまりメリットのない

我が国のマイナビオールスターゲームとは違って、アメリカの

オールスターゲームワールドシリーズの開幕権が懸かっているだけに

監督だけでなく選手たちも公式戦と変わらない、あるいはそれ以上に

気合か気迫の入ったプレーを見せてくれて一年一度の夢の球宴と呼ぶに

ふさわしい祭典になり得ているように思うのです。

ふりかえって我が国のマイナビオールスターゲームはどうしても興行の

要素が強いし、打者なら全員が本塁打狙いでいっているようで

真剣勝負とは言いがたい部分があるし、せっかく各球団の主戦投手を

集めておきながら限られた日程で全ての投手陣を登板させようとする

監督やコーチの意向のためにテレビ画面で見ていると疲れると言いたくなる

ような小刻みな継投になってしまっているところがあって、アメリカのように

無理にすべての選出選手を出さなくてよしとするか、

選出選手の数か試合の数を調整すべきではと思うところがあります。

さて、今年のマイナビオールスターゲームセリーグ中日ドラゴンズ

パリーグ千葉ロッテマリーンズの本拠地で開催されます。

この夢の球宴を本拠地で開催する両軍ともども今年のセリーグパリーグ

公式戦で厳しい戦いを強いられていることもあって中日ドラゴンズ

千葉ロッテマリーンズともどもファン投票での選出がなかったのは

残念なところもあるけれど、序盤の不振から少しずつ復調の兆しの

見られる中日ドラゴンズに関しては侍ジャパンにも選ばれた平田良介選手、

首位打者争いを繰り広げる大島洋平選手など監督推薦で夢の球宴

選ばれそうな顔が何人か浮かぶけれど、一方の千葉ロッテマリーンズ

ほうは規定打席到達者や個人タイトル争いに絡んでいる選手が

ほとんどおらず、ロッテは巨人より弱いという笑えぬ洒落を言われる

チーム状況では贔屓の引き倒しでもなければ夢の球宴にふさわしい

選手が浮かばないというのが残念なところです。

12球団一熱狂的と言われる千葉ロッテマリーンズのファンの心情を

汲んで何とか千葉ロッテマリーンズから監督推薦でという意見も理解できる

けれど、贔屓の引き倒しで選ばれた選手が本拠地開催の夢の球宴

醜態を演じたらかえってファンの心情を傷つけてしまうと思うし、

今年のマイナビオールスターゲームの開催地と千葉ロッテマリーンズ

低迷が重なってしまったのはたまたまであるけれど、我が国の

マイナビオールスターゲームメジャーリーグオールスターゲーム

一歩でも近づけるように東日本大震災の被災地での開催を

やめてしまったことの是非や出場選手の選出のあり方を考えるべきと

思うのですがいかがでしょうね。

硬式野球ソフトボールが復活する東京オリンピックの直前になって

会場が使えないとか宿泊施設や警備上の問題で首都圏では

開催できぬと慌てていては遅いではないですか。

広告を非表示にする