mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

仕込みとアドリブ

毎年ファンとメンバーたちにとって一大行事となっているAKB48

選抜総選挙

卒業したり総選挙から月日が経っても伝説のように語り継がれるメンバーの

スピーチが次々と毎年のように生まれるのは、雌雄を決する戦いを終えた

メンバーの引き出しの多さというよりも緊張のさなかにいるメンバーと

丁々発止のやり取りをして名言を引き出す司会の徳光和夫さんの

力量が大きいように思います。

ただ、今年に限っては掟破りの暴挙としか言いようのないあるメンバーの

結婚宣言が波紋を広げていることは残念な限りであって、テレビカメラに

映らなかった内情を知る司会の徳光和夫さんのことばに注目が集まったけれど、

先日のラジオでこの一件に触れた徳光和夫さんが時間が押しているなどと言って

インタビューを切り上げるように制したディレクターのことばに反して

何か言いたげにもじもじしているメンバーの表情を察した彼が半ば

アドリブで何か言いたいことがあるのだろうと水を向けたところ

問題の発言が飛び出したということでこのアドリブがなく徳光和夫さんが

ディレクターの指示通りに淡々とインタビューを終えていたら

今ごろどうなっていたのだろうと思います。

ただ、この徳光和夫さんのアドリブに対するディレクターの反応も気になる

ところであって、何度となくインタビューを切り上げよと指示していたのに

問題の発言が飛び出した途端にしてやったりのような反応を返したと

いうことで、正直この一件はシナリオが存在して、最大限角が立たない形で

結婚宣言が出来るように徳光和夫さんのアドリブで思わぬ発言が飛び出した

という形で収拾させるべく大きな見えない力が働いていて、

現場にいたディレクターもグルではなかったのかと思ってしまいます。

このAKB48の総元締めと言えるプロデューサーの秋元康氏にしても、

堂々と恋愛禁止の掟を破って総選挙をぶち壊しにしたメンバーを慰留した

意図がつかめないし、今回の結婚宣言が仕込みであったにしろアドリブで

あったにしろ、秋元康先生の決裁がなければあんな暴挙に出られぬと指摘する

メンバーがいることも踏まえた上で、週刊誌に今回の一件が尾ひれの

ついた形で好き勝手書かれないようにファンに対する説明責任を

果たすべきと思うのですがいかがでしょうね。

淡々と司会をこなしていただけの徳光和夫さんや無関係の人間が

ヒール役に仕立てあげられては気の毒ではないですか。

広告を非表示にする