mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

住みます芸人

吉本興業地域活性化のために日本全国に住みます芸人と題して

お笑い芸人を送りこみ、その土地土地で人力車の車夫や観光ガイドなどを

させながらSNSで地元の魅力を発信したり、地元のイベントに

盛り上げ役として登場させたりして話題になっています。

限界集落ということばもしばし聞かれるご時世にこうした地域創生の

取り組みは悪くないと思うけれど、地元の東海地方の住みます芸人の

姿をテレビやイベントで目にしたときには正直言って同じように若手の

メンバーを地域活性化のために全国各地に送り込んでいるAKB48グループや

地方を元気づけようと地方興行を増やしたプロレス団体よりも

何処と無く見劣りするように思いました。

筆者が岐阜県内のイベントで目にした岐阜県三重県の住みます芸人も

イベントのチラシに大々的に書かれた吉本興業の文字にダウンタウン

明石家さんまと同じ吉本興業だからきっと秀逸なネタを見せてくれるに

違いないと思ったのに、蓋を開けてみれば三重県の住みます芸人は

伊賀市から2時間かけて会場に駆け付けた云々とどうでもいい前振りを

繰り返した後で観客の反応の薄いネタをやったり、強風でネタの

小道具が飛ばされてしまい観客そっちのけであたふたする姿を見せるなど

正直期待外れのようなところがあったし、岐阜県の住みます芸人に至っては

先の三重県の芸人の小道具が飛ばされてしまったことを笑っていた割には

ハンカチのマジックなのになぜか紫色にしか色を変えられないとバツの悪そうな

表情を見せたり、勝手にステージに上がり込んだ子どもに小道具をいじられる

ほどであって、厳しい評価かもしれないけれどこの芸人が言っていた

朝日放送毎日放送バラエティ番組に出演していたというのは

ほんとうだろうかとか、吉本興業という触れ込みに期待してイベントに

やってきたのは筆者だけではないのだし、吉本興業の看板を背負っているのだから

YouTubeでもっと面白いネタを投稿している一般人がいるよなどと

揶揄されないようにして欲しいと思ったことです。

さて、この住みます芸人が香川県でお城の堀に防護柵を乗り越えて転落して

大怪我を負うという事案が起きて、先に触れたように地元で住みます芸人の

実態を見ていた筆者は正直それ見たことかという思いがしたし、

どんな理由があったとはいえSNSの写真を危険な場所で撮ろうとした行為は

芸能人の自覚に欠けていたと言わざるを得ないし、これらの住みます芸人

よりも一回り以上若いAKB48グループの地方メンバーのほうがテレビの

食レポなどで堂々とした姿を見せているのは何とも言えない思いがする

ところです。

地域活性化に貢献しようとする吉本興業の発想自体は否定しないけれど、

事務所の目が行き届きにくい地方で所属芸人が不祥事や吉本興業

看板を汚す行為をしても責任を負いきれないと思うし、

プロレス団体や大相撲の地方巡業なども参考に住みます芸人のあり方を

再検討してはと思うのですがいかがでしょうね。

広告を非表示にする