mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

ネットの目

イケメン俳優の淫行事件が世間を騒がす中で、大阪府内の男が児童ポルノ

動画をネットに配信していて、これが警察の目に止まってご用となったと

聞いて、YouTubeに売り物のおでんを突いたりチェンソーで運送会社に

言いがかりをつけに行く動画を投稿した輩もそうだけれど、自ら違法行為を

行っている動画を修正を加えずにネット上にアップするなど正直自殺行為と

いうほかないし、警察や民間のセキュリティ会社が日々サイバーパトロール

行っていることを知らないような行動はあまりにも稚拙で、先のイケメン俳優

よりもだらしないと言われても仕方がないと思うのです。

こうした投稿は動画サイトに限ったことではなく、例えば筆者があるとき

目にしたマイナーなプロレス団体のFacebookには堂々と写真入りで

路上プロレスと銘打って許可も取らずにプロ野球の試合が行われている

ナゴヤドームのスタンドでプロレスを敢行したとの記載があって、

団体側は余興や宣伝のつもりでゲリラライブのような感覚なのだろうけれど、

たまたま居合わせた観客の立場からしたらプロ野球に夢中になっている

後ろでプロレスなどやられたら危なくてたまったものではないと思うし、

このFacebookの記載がナゴヤドーム中日ドラゴンズの関係者に見つかったら

人迷惑な行為をしたとして団体の関係者がナゴヤドームに出入り禁止になったり、

場合によっては法令や条例に触れる恐れがあると言って警察から事情を

聞かれることもありうると思うのです。

さて、ネットの目で思い出すのが本来は留守中のペットや乳児の監視など

有益な目的で使うべきスマホの遠隔監視アプリをストーカー行為に悪用した

とんでもない男の存在です。

確かに彼が行ったように悪意を持って第三者のスマホに勝手に

アプリを落とせば覗きができてしまうし、夫の浮気の監視や

帰りの遅い子どもの行動観察に使おうと思った女性もいそうだけれど、

アプリの目的外利用は関心しないし、ネットの目というものは

監視される側にとっては迷惑きわまりないものなので、先に触れたような

触法行為をネットに晒すこともそうだけれど、勝手に第三者をネットで

監視することも今以上に規制できないかと思うのですがいかがでしょうね。

広告を非表示にする