mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

デマ

数々の人気アイドルグループを抱えるジャニーズ事務所ジャニー喜多川社長。

知名度の割には滅多にテレビカメラの前に現れないことと、

高齢であることが重なったのかネット上に彼の死亡説が流れてしまい、

本人が自分は元気だと打ち消す事態になりました。

この有名人の死亡説は今に始まったことではなく、テレビで見ない日は

なかったほどの売れっ子が急に画面から姿を消すとどこからともなく

誰々が死んだという縁起でもないデマが広まって、志村けん

歌手の久保田利伸などがこの死亡説の餌食になったことがありました。

件のジャニー喜多川社長の死亡説は本人が一蹴して一件落着を見たけれど、

SNS全盛の現在、デマがあたかも真実であるかのように拡散してしまう

現状を見ると、こうした有名人の死亡説にしても誰々が死んだとか

重病で再起不能になったというSNS上のネタが真実として拡散し、

テレビや新聞にまことしやかに載ってしまって有名人本人の芸能活動に

差し障る事態になりやしないかと思うところはあります。

例えばフジテレビで相次いだネット上のデマを元にした誤報騒動を

見ても、冒頭のジャニー喜多川社長と同年代でメディアへの露出も少ない

宮崎駿監督のありもしない引退宣言がネット上の捏造情報を元に

真実として報じられてしまったり、人気氷菓ガリガリ君

存在しない味がこれまたネット上のあたかも本物のように捏造された

画像を実在しているように誤認したスタッフの不手際でほんとうにあった

ように報じられてしまったりと正直ずさんに思えるところが多々あるし、

こうした事態が続くと誰かが悪意を持って、あるいは冗談半分で

作成した有名人の架空の葬式や入院している病院の画像をもとに

ほんとうは元気に生きている有名人の死亡説が事実としてテレビメディアに

流れる事態を筆者は懸念してしまいます。

フジテレビが嘘をつくはずがない、松本人志バナナマンの番組で

言っていたのだから事実であるとメディアリテラシー教育が十分とは

言えない我が国の視聴者が信じ込んでしまうことは十分ありうるけれど、

特にガリガリ君の事案など火星ヤシ味などいったいどんな味なんだ、

そんな奇想天外な商品がほんとうに売られていたのかと考えれば

テレビ局も視聴者もデマを見抜くことができたと思うのです。

氷菓の味云々といった話題ならばたとえ誤報であってもテレビ局が陳謝すれば

尾をひくことはないと思うけれど、有名人の死亡説の場合は本人の

尊厳に関わることなので、テレビやSNSで胡散臭い死亡説を聞いたら

すぐに鵜呑みにして拡散させるのではなく別の新聞記事や有名人本人の

SNSで確認するなどしてきちんと検証すべきと思うのですがいかがでしょうね。

自分は有名人ではないから関係がないと言うかもしれないけれど、

元気に生きているのに自分は死んでいるとデマが世間に流れてしまったと

したら気持ち悪いし不快そのものではないですか。

広告を非表示にする