mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

交流戦の人間模様

毎年恒例のプロ野球セリーグパリーグ交流戦が今年も始まりました。

ファンにとっては普段と違うリーグのチームと贔屓のチームの一戦も

楽しみの一つであるけれど、交流戦が始まるまでほとんどセリーグ

公式戦がなかった仙台市や札幌市に観戦旅行に行ったり、反対に

普段はパリーグの試合のない名古屋市広島市パリーグの選手が

躍動する姿を見るのも楽しみのひとつと思うのです。

特にセリーグのファンにはひとたびパリーグフランチャイズ球場を

訪れるとパリーグの手厚いファンサービスとそれに負けないぐらい熱い

ファンの熱気を否が応でも感じることができるはずで、勝っても

負けても変わらない熱い声援を送るのは阪神タイガースのファンだけでは

なかったのだと感じられるのではないでしょうか。

ただ、読売ジャイアンツ阪神タイガースに比べて人気の面で劣る

セリーグ中日ドラゴンズなどはただでさえセリーグのファンの少ない

仙台市や福岡市では肩身の狭い思いを強いられることもまた事実であって、

この交流戦中日ドラゴンズのビジターゲームを見ていると

パリーグ私設応援団ばかり目立って中日ドラゴンズのファンは

どこにいるのだろうと思ってしまうこともあります。

でも、中日ドラゴンズのファンも地元の愛知県からは空路に頼らざるを得ない

札幌市や仙台市への遠征を嫌って交流戦はテレビ観戦に頼っているかと

いうと必ずしもそればかりではなく、少ないながらも普段セリーグ

公式戦のない球場で燃えよドラゴンズを歌う熱心なファンの姿には

関心させられるものがあるし、ある日曜日の深夜の近鉄名古屋駅

中日ドラゴンズのユニフォームを身にまとった熱心な中日ドラゴンズ

ファンが甲子園球場でのビジターゲームの観戦を終えてぞろぞろ降りてきた

姿を見て、完全アウェーのような甲子園球場でも地元のナゴヤドーム

変わらぬ熱心な声援を送るほどのファンならば阪神タイガースと同じ

関西が本拠地のオリックスバファローズとの交流戦はもとより、

はるばる札幌市や仙台市交流戦にも足を運ぶのではないかと

思いました。

もちろんパリーグのファンも熱心さではこの中日ドラゴンズのファンに

負けてはおらず、なぜ中途半端な時間帯の名古屋駅パリーグ

東北楽天ゴールデンイーグルスのユニフォームをまとったファンが

いるのだろうと思ったらその日は中日ドラゴンズとの交流戦の当日である

ことを思い出して、ナゴヤドームでの観戦を終えて首都圏や本拠地の

東北に向けて東海道新幹線で家路に着くファンの姿を同じパリーグ

ファンとして心強いと思うとともに、久しぶりに今年ナゴヤドーム

開催されるマイナビオールスターゲームへの期待が高まったものです。