mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

巨人軍よ強くあれ

セリーグとの交流戦を前に息を吹き返し、どん底から光明の射してきた

感のあるパリーグオリックスバファローズ

このオリックスバファローズに本拠地の東京ドームでまさかの連敗を喫して、

セリーグ制覇どころかクライマックスシリーズ進出も危ういのではという

体たらくに陥ってしまったのが球界の盟主である読売ジャイアンツです。

特にこの交流戦前後の連敗の間は試合の内容も芳しくなく、

野村克也氏をはじめとする評論家軍団から厳しいことばをかけられることも

道理と思うし、現場の長である高橋由伸監督にファンからヤジが飛ぶのも

やむを得ないと思うのです。

ただ、この高橋由伸監督については、ひとつ年上の阿部慎之助選手から

巨人軍の監督らしい重みがないと言われたり、ファンから彼は

試合中もベンチに仁王立ちしているだけで大仏のようとネガティヴな

見方を内外からされているけれど、原辰徳前監督の退任と降ってわいたような

巨人軍の野球賭博問題が重なり、火中の栗を拾うのは勘弁とばかりに

監督就任を渋る人物が多い中で彼が監督に手を挙げたという

経緯も忘れてはいけないと思うし、これは巨人軍に限ったことでは

ないけれど、監督に責任をなすりつけたところで根本的なチーム改革には

繋がらないと思うのです。

中でもオーナー職を退いてもゴットファーザーのごとく院政を張る

渡辺恒雄氏の方針からか、せっかく若手選手が切磋琢磨しても

拝金主義に任せて他球団やメジャーリーグの球団からフリーエージェント

買い付けた選手がレギュラーを奪ってしまう状況はちっとも変わっておらず、

これでは意気揚々と憧れの巨人軍に入団した選手も意気消沈してしまうと

いうものだと思うのです。

もっと言うならばこうした補強はほとんどフロント主導で長期的な

ビジョンよりも目先の勝ち星や人気取り優先で行われており、

現場のトップでありながら現場を意のままに動かせない高橋由伸監督を

GMという名のゴットファーザーであった落合博満氏に補強から

コーチ人事まで牛耳られて志し半ばでチームを去った中日ドラゴンズ

谷繁元信前監督と筆者はどこか重ねて見てしまうところがあります。

いまの巨人軍の低迷の一因に高橋由伸監督や阿部慎之助選手、そしてOBの

上原浩治投手など有望な大学生や社会人野球の選手を豊富な資金力で

獲得することで読売ジャイアンツの強さを下支えしてきた

ドラフト会議での逆指名制度の撤廃を挙げる人もいるけれど、

資金力があれば優勝できてしまうのでは八百長と変わらないし、

広島東洋カープのように資金力で劣る球団と対等な選手獲得競争に

なった途端に弱くなったでは巨人軍は結局拝金主義でもっていたのかと

野次られてしまうと思うし、ドラフト会議でのくじ引きで有望選手を

取り逃がしているのも正直者は馬鹿を見ないというように金に任せて

勝ってきたツケで読売ジャイアンツからくじ運まで逃げてしまったように

筆者には思えてしまうのです。

今季のセリーグの戦いで巨人軍よりも優位に立っている阪神タイガース

広島東洋カープのファンも弱い巨人を倒してセリーグ制覇しても

喜びは半分と思うし、たとえアンチヒーローのように見られても

強さが他球団以上に求められる読売ジャイアンツには

巨人はロッテより弱いというかつての迷言が現実にならないように

交流戦での奮起を期待したいし、いっこうに光明の指さないチームに

苛立っているであろう渡辺恒雄氏には巨人軍の低迷は交流戦があるからだと

いってやつ当たりのごとく交流戦廃止論など持ち上げたら自分自身も

巨人軍そのものもファンの反感を買いますよと忠告したいところですが

いかがでしょうね。