mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

下手すりゃ死ぬよ

本来子どもたちにとって安全であるべき通学路を小学生を煽りつつ猛スピードで

走り抜ける動画をアップした男が殺人未遂の疑いで逮捕されて、何とも

やりきれない思いがします。

通学路を子どもたちが横に拡がって闊歩しているのが邪魔だったなどと

犯人は言い訳のような供述をしているけれど、スクールゾーンでは

歩行者優先が不文律なのだし、スピード違反も車を凶器にすることも

厭わない男には何を言っても言い訳にしかならないと思うし、

臭い理論武装よりも平謝りすることが彼に求められていることであって、

それができぬというならば下手したら車で子どもを轢いて死なせていたという

危機意識がなかったと批判されても仕方ないと思うのです。

さて、この男と同じく殺人未遂の疑いで警察の厄介になった輩が

また現れて勘弁してくれよという思いです。

東京都内の駅で言い争いになったグループの男性をホームから突き落としたと

いうのだけれど、これもまた先の暴走行為と同じで相手が下手すりゃ轢死すると

いうことが想像できなかったのかと言われても反論できぬと思うし、

何にもしていないのに何故こんな目にあうのかと冤罪を装ってみても

複数の目撃者がいる以上観念せざるを得ないと思うし、人命を危機に晒した

以上は酒に酔っていたということも言い訳にならないのは自明でしょう。

さて、下手すりゃ死ぬと言えば痴漢行為での警察沙汰を免れようと

首都圏の駅のホームで危険も顧みず線路に飛び降りる人間が続出して

社会問題になっています。

これはもちろん下手すりゃ死ぬというよりも眼前の危機から逃れたいという

欲望が勝ってホームに飛び降りる人間が悪いのは事実であるけれど、

痴漢の冤罪事案が多いこともまた事実であって、警察、企業、自治体、

鉄道事業者などが被害者となりうる女性に掲示物やホームページで

女性専用車両の利用を促したり、痴漢の被害に遭った時は相手に逃げられたり

お前の勘違いと一蹴されないようにすぐに他の乗客や駅員に助けを求めたり、

企業や学校が女性社員や女子生徒の時差通勤、時差通学を呼びかけるなどの

取り組みも問題の根本的な解決のためには必要と思うのですが

いかがでしょうね。