mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

移住の現実

和歌山県景勝地那智の滝

絵はがきのデザインになるほど有名な観光地であるけれど、縦に長い

紀伊半島のこと、名古屋市から日帰りで訪れることは難しいだろうと

思ったら、那智の滝を日帰りで訪れるバスツアーの広告を見かけて

改めて熊野古道の入り口の三重県熊野市、尾鷲市まで紀勢自動車道で

直結したことの威力を見せられた思いでした。

でも、この紀勢自動車道は観光や地域振興、南海トラフ巨大地震に備えた

防災で作られたという側面も確かにあるけれど、大きな手術を行える

病院が三重県の南勢地域、紀州地域には皆無に等しいために

紀勢自動車道を利用して熊野市や尾鷲市などから国立大学の三重大学病院や

民間の大病院の多い中勢地域に救急患者を搬送できるようにするという

意図も大きく、構造改革事業仕分けだといった逆風の中で開通に

漕ぎつけたという逸話を聞いたことがあります。

それほど熊野古道沿いの三重県の南勢地域、紀州地域は南北格差と

言われるぐらいにこうした救急医療体制やコンビニやスーパーの店舗の数で

工業地帯の四日市市県都の津市に水をあけられているのが事実であって、

それは熊野古道世界遺産に登録されても先の紀勢自動車道が開通しても

如何ともしがたい事実なのです。

そのため過疎化を危惧した熊野古道沿いの自治体がふるさと納税

移住者の誘致に積極的に乗り出していることも道理といえば道理だけれど、

ふるさと納税の返礼品が豪華すぎると総務省の目に留まって全国的に

自粛ムードなのは周知の事実だし、移住者の誘致にしても

風光明媚とか日本の原風景とか都合のいい情報ばかり流して

コンビニや救急病院がないとか公共交通機関が未発達とか若者向けの

娯楽が少ないといった不都合な真実を伏せてアピール合戦に力を入れるようでは

求人の際に残業が多いとか休みが少ないといった不都合な情報を伏せて

甘言で若者を集めるブラック企業と同じだと思うし、こうした移住促進を

応援するような番組を流すテレビメディアにしても、悠々自適で

風の吹くまま気の向くままといったアピールポイントだけでなく、

ビギナーには就農に困難が伴うとか、田舎は人付き合いやしきたりが

大変といったネガティヴな情報もきちんと流すべきと思うのです。

そんなことをしたら移住者が逃げてしまうと言われるかもしれないけれど、

田舎の風土についていけずあしたのジョーのようになって都会に

舞い戻る移住者が出ては不本意そのものだし、移住者を紹介したテレビ番組で

両親は嬉しそうだけれどその子どもたちはほんとうに移住を喜んでいるのかとか

都会に比べて同世代の友達が少なくて寂しくないのだろうかとか

深夜に子どもたちが急に熱でも出したら親御さんはどうするのだろうと

思ったのも筆者だけではないと思うし、そうした心配は下世話ではないと

思うのですがいかがでしょうね。