mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

百年の計

千葉県の東京ディズニーリゾート大阪府USJに匹敵する集客力を持った

テーマパークになると言われて今春名古屋市にオープンしたレゴランド

筆者も地元ということで、アメリカの政権交代トヨタ自動車に依存する

愛知県の経済が不透明さを増す中でこのレゴランドが起爆剤になればと

期待もあったけれど、同時にオープン当時はカップルの聖地とか

イタリア本国に行かずともローマの休日の気分に浸れるとの触れ込みで

賑わっていたのに、いつの間にか多額の負債とともに廃墟と化した

同じ名古屋市港区の名古屋港イタリア村の記憶が拭えず、レゴランド

お膝元の名古屋港金城ふ頭の先行きについて不安に思う気持ちも少なからず

ありました。

このレゴランド、今でも書店に行けば特集した雑誌を見かけるし、

レゴランドが表紙のガイドブック片手に地下鉄に乗る観光客を見かけるものの、

全国ネットはおろか地元のローカル番組でもあまり話題にのぼることが

なくなったと思ったら、レゴランドに隣接した商業施設の飲食店が

2カ月足らずで閉店を決めたという話題が飛び込んできて、レゴランド

リアルな現状が伝わってきた思いがしました。

客が入らず収益の改善が見込まれないなら閉店というのは経営判断として

何ら間違っていないと思うけれど、契約不履行との批判や従業員の雇用、

施設側との違約金の問題が生じることを承知で早々に金城ふ頭からの

撤退を決めてしまった店舗があるというのは何とも残念なこととは言えない

でしょうか。

もっと言うならば先の名古屋港イタリア村しかり反対の声も根強い中で

河村たかし市長のトップダウンで決めてしまった名古屋城天守閣の

木造復元しかり、どうも名古屋市という土地は百年の計という視点で

街づくりを進める視点に欠けているところがあって、

レゴランド名古屋城のような目先の話題作りに終始しているようでは

京都市のように永らく観光客に愛される土地にはなり得ないと思うのです。

レゴランドの入場料が高いというのはオープン前から言われていたことだし、

キッザニアの二番煎じ、三番煎じのような問題の商業施設のあり方を含めて

百年の計という視点で名古屋港の再開発を考えていかないと、

レゴランド自体が名古屋市から撤退してしまったり問題の商業施設が

第二の名古屋港イタリア村と揶揄される結末になるのではと

思うのですがいかがでしょうね。