mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

闇を行く鈍行

まだ九州新幹線ができていなかったJR九州発足間もない頃、福岡県内の

とある駅で乗り鉄のカリスマの種村直樹西鹿児島駅、いまの鹿児島中央駅

行きの鈍行列車を見かけて、当時はまだ在来線の特急列車であった

つばめ号ならば当たり前に見える西鹿児島行きという行き先表示が

鈍行列車では途方もない彼方に感じられるし、先約が入っていたので

今回は無理であるけれど、この西鹿児島という行き先を見ただけで

鈍行列車に乗って行きたい衝動に駆られたと述べていました。

筆者も乗り鉄を自認しているし、ゆったりのんびりの鈍行列車は好きで

あるのでこの種村直樹のことばは心に響くものがあるけれど、

地元のJR東海の名古屋圏では東海道本線中央西線ともに鈍行列車は

名古屋市への通勤通学用の短距離列車が中心であって、

東海道本線ならば遠くてもせいぜい浜松駅行き、中央西線では中津川駅以北に

向かう鈍行列車はほとんど存在せず、かつては名古屋駅から鈍行列車が

直通していた関西地方や首都圏の行き先表示を眺めて先の種村直樹のように

旅情に浸ることができないのが残念なところです。

それでもJR東海管内でも名古屋駅に拘らなければ長距離鈍行が存在しない

訳ではなくて、岐阜駅で見かけた高山本線の飛騨古川駅行きの鈍行などは

同じ高山本線を走る特急のワイドビューひだよりも旅情を誘うものがあって、

飛水峡や中山七里などの風光明媚な高山本線をのんびり鈍行列車で辿りつつ

終点の飛騨古川駅でアニメ映画の主人公になりきって旅を満喫できたら

一興と思いました。

中央西線にしても名古屋市内の名古屋駅金山駅、千種駅からは確かに

遠くても定期の鈍行は南木曽駅行きぐらいまでしか出ていないけれど、

木曽路の玄関口の中津川駅に出ればJR東日本管轄の松本駅に向かう鈍行列車が

2時間おきぐらいに出ていて、これに乗ってほとんど特急のワイドビューしなの

止まらない南木曽駅、奈良井駅藪原駅などの木曽路の小駅に

乗り降りするのも味わい深いと思うところがあります。

ただ、青春18きっぷ片手にこうした鈍行列車の旅を味わうならば

時間に配慮する必要があるのも事実であって、せっかく飛騨古川駅に着いても

日没で写真が撮れないねというならば計画を練り直すなり特急列車の

利用を考えるべきと思うし、木曽路の鈍行列車にしても島崎藤村のことば通り

木曽路はすべて山の中なので、鈍行列車の車窓から森林浴をという向きには

鬱蒼とした森林を車中から眺められるように日没の時間を考慮した

プランニングが必要と思うのです。

さて、JR東海の長距離鈍行といえば秘境駅の宝庫の飯田線を外すことは

できないけれど、これは先の高山本線中央西線以上に難物であって、

途方もないほど小駅がある上にゆったりすぎると言いたくなるほどの

飯田線のスピードも考慮せねばならず、実質的な飯田線の終点の岡谷駅から

起点の豊橋駅まで乗り通していてはそれだけで旅が終わってしまうという

ならば途中で中央自動車道経由の高速バスや特急のワイドビュー伊那路

乗り継ぐプランも一考すべきと思うし、日のあるうちに飯田線を端から端まで

乗り通してみたいと思うけれどいかんせん所要時間がかかりすぎて盛夏でも

日のあるうちに飯田線を走りきる鈍行列車が少ないと言って種村直樹の先輩格の

宮脇俊三がプランニングに悩んでいたように山あいを走る飯田線

灯火の少ない闇の中を鈍行列車に揺られることになっては

かえって心細くなりそうというならば日中に飯田線を走りきることを

優先で旅程を組むべきと思うのです。

冒頭の種村直樹のように鈍行列車の行き先表示で遠い駅名を見つけると

乗って行きたくなるのは乗り鉄の性だと思うけれど、いざ実行に

移すと延々と鈍行列車に揺られて疲れただけだったという結末に

なりかねないので憧れは憧れとして実際の旅行の時には実現可能な

プランニングをすべきと思うのですがいかがでしょうね。

広告を非表示にする