読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

不可解

公立の図書館に所蔵されている学校の記念誌などの子どもたちの集合写真や

先生の名前が載った部分が切り取られる事案が相次ぎ、被害が

17県に及んでいるということに薄気味悪さを感じている人も少なくないと

思います。

特に筆者の場合、地元の愛知県や隣県の岐阜県が今回の騒ぎの震源地と

いっても過言ではなく、子どもの頃は今ほど個人情報の保護の重要性が

声高に叫ばれることなく、プライバシーマークということばもまだ

存在しなかったので、画像処理されていない自分が写り込んだ写真が

悪意のある人物の手に渡っていたらどうしようと思うところがあります。

男性の筆者はともかく、性犯罪の標的にされやすい女性や、今現在

愛息を学校に通わせている児童生徒の親御さん方の気持ちを思い図ると

何とも言えないところであるし、愉快犯にしては大規模すぎるし、

政治的、宗教的な意図があるとも思えないので、今回の事案の

犯行の動機を考えると解せないところがあります。

ただ、切り取られる被害にあったのが集合写真や個人情報が載っている

ページということで、同窓会名簿や会員名簿の名簿売買に代表されるような

個人情報ビジネスの匂いがするし、やはり個人情報保護の意識が薄かった時代の

学校の記念誌などを悪用して不当に個人情報を得ようとする輩が

警戒が薄くて不特定多数が出入りする図書館の開架書庫を狙ったと

考えるのが自然なように思うのです。

金属売買目当てにマンホールや橋の装飾が盗まれたというニュースでも

世知辛く思うのに、学校の記念誌まで営利目的で切り裂かれるとは

思わずことばを失ってしまいます。

どんな目的であれ製作者の思いが詰まった学校の記念誌に傷をつける行為は

言語道断と言わざるを得ないけれど、こうした記念誌や卒業アルバム、

あるいは学校のホームページの児童生徒の写真に画像処理をせねばならない

時代になってしまったことを嘆きたくなったのは筆者だけではないと

思うのですがいかがでしょうね。