mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

壁は意味がない

なぜ愛する子どもたちとバーベキューに興じていただけなのに殺されねば

ならないのか、重度の障がい者は生きる価値がないといって無慈悲に障がい者

殺めた男などさっさと死刑にすればいい、ストーカーということばで

片付けられないほどの所業を愛すべきアイドルにしでかした上に

気持ちの悪いオタク本を一方的にプレゼントしてそれを拒否されたら

愛情を憎悪に変えて凶行に及ぶとは何事か、、、

昨年から今年にかけて世間を騒がせた精神疾患の疑いやいわゆる引きこもりの

男性が起こした凶行に対する世間の反応をまとめてみたけれど、

被害者感情を重視すればこれらの意見を否定するつもりはないし、

特に障がい者の存在を全否定するような男の言動は当事者として

看過できぬと思うところがあります。

でも、精神疾患の疑いのある輩がこうした事件を起こしたことを

センセーショナルに報じて、何故罪のない身内が殺められなければ

ならないのかといった被害者側のインタビューをテレビで放送することは

ちょっと待てよという気もするのです。

何も凶行を否定する訳ではないけれど、あまりにも被害者ファーストの

偏向報道だと健常者が善、精神障害者が悪のような二元論に陥って

健常者と精神障害者の間に高い壁ができてしまってますます精神障害者

その家族が孤立を極めてしまって自殺や一家心中という悲しい結末を

迎えたり、孤立に耐えきれなくなった結果かえって凶行に走る

精神障害者を生み出すことになりやしないかと思うのです。

そこでメディアにお願いしたいのは、被害者ファーストもいいけれど、

精神障害精神障害者への正しい理解の啓発にもなるように

凶行に走った精神障害者が何故そんなことをしたのかという

バックボーンを正しく伝えて欲しいということと、精神障害者イコール

危険人物ではないことを正確に伝えて欲しいということと、

先に触れたアイドル殺傷事件の被告の報じ方のように

罪なき人間を傷つけたあいつはこんな馬鹿げた本を愛読していたぞと

ヘイトスピーチとも取られかねない色眼鏡で見るような伝え方は

止めようということです。

精神障害者でもアイドルオタクでも同じ生身の人間なのだし、

人間同士でいたずらに壁を作っていたら壁の向こうの人間が孤立して

良からぬ結果を生むだけと思うのですがいかがでしょうね。