読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

さくら道はゆっくりと

国鉄バスの車掌の男性が太平洋と日本海を桜でつなごうといって、

国鉄バス名金線沿いの岐阜県内を中心に桜の植樹活動を続けた

地道な活動は人々の感動を呼んで篠田三郎主演で映画化されたり、

大人向きや青少年向けの書籍になるなど地元以外からも

よく知られるところになっています。

この太平洋と日本海をつなごうという着想は東海北陸自動車道という形で

結実し、山深い桃源郷のようだった岐阜県白川郷にマイカーや観光バスで

観光客が大挙したり、今までは北陸自動車道経由で時間を要していた

愛知県と富山県がダイレクトで結ばれて、両県の経済交流が活発化するなどの

成果も上がっています。

その一方で末期は名鉄バスが運行していた名鉄バスセンターJR西日本金沢駅

までの一般国道経由の路線は途方も無い時間を要する割に利用が少ないと

いって、岐阜バス濃飛バス加越能バス北陸鉄道バスなどの複数の路線に

細分化される形で姿を消してしまいました。

東海北陸自動車道経由の高速バスには時間の面で太刀打ち出来ぬという

事実は如何ともし難いし、北陸本線の特急しらさぎを使えば日帰りできてしまう

名古屋市金沢市を下道で行くなど酔狂なと言われそうだけれど、

高速バスやマイカーで東海北陸自動車道を走っていると確かに便利であるけれど

こんなに速く太平洋から日本海にたどり着けていいのかと思うし、

便利になりすぎた弊害のように白川郷に地元が対応しきれないほど

観光客が大挙する事態になったのも看過出来ぬと思うのです。

そこで思うのが、スローライフということばが好意的に受け止められるように

なって、一休み一休みと訴えかける懐かしいテレビ朝日一休さん

アニメソングが清涼飲料水のCMで使われるようなご時世に、

JR東海バス名鉄バス北陸鉄道バス、西日本JRバスといった関係各社が

話し合って、もう一度一般国道経由で名古屋市金沢市を結ぶ路線バスを

復活させてはいかがかということです。

確かに実用性の点では北陸自動車道経由や東海北陸自動車道経由の高速バスに

太刀打ち出来ないけれど、スローライフが広まり太川陽介や德光和夫の

路線バスの乗り継ぎ旅のテレビ番組が好評を得る中で例え臨時でも

一般国道経由の名金線を復活させてみれば高速バスでは瞬く間に

通り過ぎてしまう沿線の花々や白川郷の合掌造りに目を向ける余裕の

持てる路線バスはいいねという需要が喚起できるのではと思うのですが

いかがでしょうね。