読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

真の黄金時代に

低迷からの巻き返しを誓ったのに、セリーグで苦戦の続く中日ドラゴンズ

苦しい戦いの中でも名球会入りを狙う荒木雅博選手や、不惑を超えても

一軍のマウンドに立ち続ける岩瀬仁紀投手を中年の星のようと言って

自分と重ね合わせたり、エールを送るファンも少なくないと思うけれど、

筆者の見方はちょっと違って、落合博満氏との確執が伝えられる中で

昨年監督を解任された谷繁元信さんが現役時代に残した、自分たちが

引退したら中日ドラゴンズはどうなるのだろうということばが

どこか引っかかるのです。

落合博満氏の院政で自分が目をかけていた若手を起用できなかった無念さも

谷繁元信さんにはあるのだろうけれど、彼と年齢の変わらない先の

荒木雅博選手や岩瀬仁紀投手が一軍で出場を続ける一方で、立浪和義さんの

後継者と言われた高橋周平選手や、彼と一軍でレギュラーを争っていた

森野将彦選手、昨年高卒ルーキーながら一軍で登板を果たした小笠原慎之介投手、

今春のWBC侍ジャパンに選ばれた岡田俊哉投手など本来一軍で主戦を張るべき

選手たちが二軍暮らしを続けているようでは先の谷繁元信さんの不安が的中して

しまっていると言わざるを得ないし、谷繁元信さんの後を引き継いだ

森繁和新監督にも本気で低迷からの打破を狙うならばオッさんを使うのも

いいけれど、落合博満氏とは違う自分のカラーを出して中日ドラゴンズ

黄金期が再び訪れるように先に触れたような高橋周平選手ら二軍暮らしを

続ける選手たちを一軍に呼び寄せるべきと思うのです。

さて、この中日ドラゴンズとは対照的に宮内義彦オーナーに勝ちを忘れた

オリックスと皮肉を言われたことが嘘のような快進撃を続けるのが

パリーグオリックスバファローズです。

でも、今のオリックスバファローズの一軍の陣容を見てみると、

フリーエージェント阪神タイガースに移籍した糸井嘉男選手の穴を埋めるべく

奮闘している若手も確かにいるけれど、ブルーサンダー打線を牽引しているのは

ベテランの域に入った中島裕之選手や小谷野栄一選手であって、彼らの年齢を

考えたら今年クライマックスシリーズ進出を果たすことができたとしても

来年以降はどうなるのだろうと思うところがあります。

もっと言うならば中島裕之選手も小谷野栄一選手も生え抜きではないのだし、

がんばろう神戸の当時のような生え抜き選手中心の黄金期を再びという

ファンの夢を叶えるために有望な若手選手を鍛えるのが

日本人で唯一ワールドシリーズを二回制覇した経験を持つ田口壮二軍監督に

与えられた宿題だと思うのです。

昨年の低迷の中で俺はスーパーサイヤ人などと自分を鼓舞しながら孤軍奮闘して

いた糸井嘉男選手を評して何故北海道日本ハムファイターズ糸井嘉男

オリックスバファローズの主将なのかと皮肉のように言っていた

岡田彰布のことばは仰木彬監督当時の田口壮イチローのように

オリックスバファローズを牽引する素質のある若手の有望株を切望する

ファンのことばを代弁していたものだと思うし、福良淳一一軍監督、

田口壮二軍監督共々今シーズンのクライマックスシリーズ進出を

見据えた采配も大事であるけれど、一発屋のように言われないような

黄金期を形成することも現場の長としての使命と思うのですがいかがでしょうね。