mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

富山へ、仙台へ

今春に乗客がのべ100万人の大台を突破し、朝から深夜まで

ひっきりなしに名古屋市富山県県都富山市を往復している

名鉄バス富山地方鉄道東海北陸自動車道経由の高速バス。

富山市に近い高岡市名古屋市を同じ東海北陸自動車道経由で結ぶ

他社の高速バスもこの名古屋市富山市の路線の仲間に入れれば

1時間に2、3本という時間帯もあるほどなのに、満員札止めになる曜日や

時間帯があることに名古屋市富山県を安価で乗り換えなしで

直通する需要の高さを否応なしに再認識させられます。

この高速バスの活況振りと比べると何とも言えない思いがするのは

同じ名古屋市富山市高山本線経由で結んでいるJR東海

特急ワイドビューひだであって、高架化工事たけなわのJR西日本富山駅

一隅に肩身が狭そうに発車を待っている姿を見たときはレールファンと

して複雑な思いであったし、先に触れた高岡市や反対方向の富山県西部方面に

向かうあいの風とやま鉄道線北陸新幹線への乗り継ぎ客も大していなさそうと

いう状況はどうにかならないものかと思うのです。

このワイドビューひだは単線で線形の悪い高山本線経由であるのが高速バスに

対するハンデと言わざるを得ず、もともと北陸新幹線の開業前から

名古屋駅や岐阜駅から富山駅に乗り通す需要が少なかった名古屋市

富山市の間だけではなくひだのネーミングの由来にもなっている

岐阜駅飛騨地方の中心地の岐阜県高山市名古屋市岐阜市を結ぶ輸送でも

富山市への路線と同じ東海北陸自動車道経由の高速バスの後塵を拝している

状況は否めず、JR東海が試験的に来月このワイドビューひだの車両を

使って運行する臨時急行の継続運行や定期化、近鉄特急から名古屋市から

伊勢志摩方面への旅行客を一定程度奪還することに成功した

関西本線の快速みえのように高速バスと時間も料金も勝負できる

料金不要の列車を運行しないと将来的に高山本線の存続が危ぶまれる

事態も起こりかねないと思うのです。

一方、この高山本線に比べて複線区間が長く線形もいい常磐線経由で

俊足のJR東日本651系電車を使って首都圏と仙台市を結んでいたのが

スーパーひたちです。

忌まわしい原発事故のためにスーパーひたちの勇姿を過去形で書かねば

ならないようになったのが残念であるけれど、常磐線の完全復旧の

めどが立たぬ中で首都圏と仙台市を結ぶ東北新幹線の高速化が実現して、

東北新幹線の高い特急料金を嫌う若者向けの安価な高速バスが

バスタ新宿から仙台市福島県方面に次々出ている状況では

東京オリンピック開催時をめどとする常磐線の復旧が実現しても

かつてのスーパーひたちのように東北本線経由の在来線の特急列車が

全廃された首都圏と仙台市の間を常磐線経由で駆け抜けるように

なるかは何とも言えないところがあります。

でも、在来線には新幹線や高速バスにはない旅情があるし、

スピード一辺倒ではない汽車旅が見直される中でレールファンの

ひとりとしては完全復旧なった常磐線を再び特急列車が駆け抜けて

欲しいと思うとともに、北陸新幹線の開通と引き換えにJR西日本

特急しらさぎが直通しなくなった名古屋駅富山駅の間を結ぶ

ワイドビューひだのほうも高速バスよりも遅いと揶揄されても

健気に走り続けて欲しいと思うのですがいかがでしょうね。