mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

ダメ、ダメ、、、

楽器の演奏に夢中の女性タレントに半分ふざけたような感じで

男性俳優がぶつかるというCMに事故を誘発しかねないからダメよと

思わぬクレームがついていると聞いて筆者はどこか違和感を持ちました。

確かに現実の世界でも類似した事故が起こっていると言われればそれまでだけれど

青春映画のワンシーンのようなCMの一面だけを捉えて打ち切りに追い込んで

しまうのはさすがにいかがなものかと思うし、この程度でご法度と言われては

生傷の絶えないプロレスや総合格闘技や、デットボールやクロスプレーの

危険と隣合わせの硬式野球までけしからんと言われやしないかと

思うのです。

心配しすぎと言われそうだけれど、平安時代や中世から続いてきた

我が国の伝統の神事が平成の世になって危険であるとか動物虐待に当たると

いって突然クレームがついて見直しを余儀なくされていることを考えると

今回のCMの一件を引き金に子どもが真似するからとプロレスや総合格闘技

売り物のような乱闘にまでケチがつくというのもありえない話ではないと

思うのです。

さて、ご法度というテーマでもうひとつ気になったのが、消防自動車で

うどん屋に立ち寄った消防士がうどん屋に消防自動車がなぜいるのだという

クレームで混乱を招いたとして上司から注意された事案です。

筆者もいきなり街のうどん屋で消防自動車を目にしたらびっくりすると

思うけれど、腹が減っては戦はできぬというのは1分1秒を争う消防士だって

同じだと思うし、消防自動車やパトカーが街中の店の駐車場に

いることがけしからんとなれば、給油やトイレなどやむを得ない事情で

駐停車したい消防士や警察官が萎縮してしまったり、赤色灯をつけた車が

コンビニやファストフード店の駐車場に止まっているだけで安心という

若い女性の声がかき消されてしまうように思うのです。

誰だって不測の事態を回避したいという気持ちはあって然るべきだけれど、

ダメダメという声で排除してはいけないものもあると思うのですが

いかがでしょうね。