mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

大隈公が泣いている

タイトルにした大隈公が泣いているとは、かつて現役の早稲田大学の学生が

起こした淫行事件を巡って、学園の創始者が悲しむようなことをするなと

いわば学生諸氏に喝を入れたような新聞記事の見出しです。

この大隈公のふるさと、佐賀県選出の現職復興担当相が絶対に許されない

ヘイトスピーチを公然と連発したことはほんとうに情け無い思いであるし、

メディアの揚げ足取りが悪いと悪態を付いたような責任転嫁と取れる

言動をした二階俊博自民党幹事長とともに佐賀県の名誉と東北の誇りを

毀損したといってこの問題の代議士は議員を即刻辞職して、東日本大震災

被災地にお詫び行脚をすると同時に二階俊博氏と一緒に大隈公の銅像の前で

佐賀県の誇りと大隈重信公が築いた立憲君主制の根幹を揺るがす言動を

したことを素直に認めて跪いて謝罪して欲しいと思うのです。

ただ、大隈公の地元の西日本新聞の今回の代議士を含め九州選出の

自民党の代議士の失言が多いという記事は偶然と思えないところがあります。

集団レイプを肯定する失言を行った元大臣はお触りバー通いと女性蔑視の

ツケを衆議院議員選挙での落選という形で支払うことになって、

文字通りしくじり先生だと嘲笑してやればいいと思うのだけれど、

第二次世界大戦当時のアメリカ軍の長崎市への原子爆弾の投下を肯定したり、

今回同様に元復興担当相が被災地を傷つけるような沢尻エリカのような言動を

したことは看過できないと思うし、九州地方の有権者たちも、

自分たちが投じた一票のせいで郷土の偉人である大隈重信公が泣く結果を

一度でなく招いてしまったことを真摯に受け止めて欲しいと思うし、

被災地を傷つけるヘイトスピーチや集団レイプや原子爆弾の投下など

絶対に許されない行為を肯定する代議士を永田町に次々送り出しているようでは

脱原発とか平成28年熊本地震の早期復興を声高に叫んでも説得力がないと

思うのです。

酒どころで飲み助の多い九州だけに朝から酒を飲んで衆議院議員選挙や

参議院議員選挙の投票に九州の住人は行っているのかとか、

九州から復興担当相を出したいならば人間よりもくまモンにやらせろと

揶揄されたくなかったら、地元選出の代議士の失言の連続を偶然と

一蹴せずに九州の有権者たちには人一倍主権者としての意識を

持って欲しいと思うし、それができないならば熊本城の再建も

沖縄県からの在日米軍基地の撤去も無理と思うのですがいかがでしょうね。