読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

百選駅

板切れという独特の表現で簡素なホームしかない旧国鉄時代の仮乗降場を

愛おしそうに呼び、鉄道に関心のない向きにはオンボロと一蹴されそうな

ローカル線の駅舎を愛した乗り鉄のカリスマ、横見浩彦

この横見浩彦が愛した駅舎どころか秘境駅の宝庫と言われたJR北海道

地方交通線自体が存続の危機に立たされていることを横見本人は

どう思っているだろうと思うけれど、鉄道縮小時代の波は東海道新幹線

北陸新幹線と二本の新幹線が通る中部運輸局管内にも押し寄せていて、

三岐鉄道四日市あすなろう鉄道という地元の新会社によって

これまた横見浩彦の愛するナローゲージのレールが守られたとか

水害で復旧不可能、バス転換不可避と言われたJR東海名松線

奇跡の復旧を果たすなど明るい話題の一方で、名古屋市の通勤圏でも

バブル期の宅地開発ラッシュの負の遺産のような桃花台新交通桃花台線、

路面電車を大切に守り続ける岡山電気軌道広島電鉄と対照的に

全国屈指のクルマ社会で邪魔者扱いされて走り去った名鉄岐阜市内線など

過去帳入りしてしまった路線があるし、北陸新幹線敦賀駅新大阪駅への

延伸時の北陸地方のローカル線の動向や経営への親会社の近鉄の影響が

薄まりつつある三重県養老鉄道伊賀鉄道の今後など余談を許さない

ところもあります。

さて、この中部運輸局管内の味わいのある駅舎をピックアップした

中部の駅百選という企画が鉄道の日のイベントの一環としてかつて

行われました。

今になってこの百選駅のリストを見ると、先に触れた桃花台新交通桃花台線の

ように路線自体が廃止になってしまった鉄道路線の駅があることに時代の

流れを否が応でも感じてしまうし、路線自体は残っているものの

経営母体があいの風とやま鉄道線のように第三セクター鉄道に移管された

ところもあって、整備新幹線とか並行在来線問題ということばが

思い浮かびます。

百選駅の選定当時と同じ鉄道事業者保有している路線や駅でも

名鉄犬山線の布袋駅のように横見浩彦好みの木造駅舎から小綺麗で

機能的な新しい駅舎に建て替えられてしまったところもあって、

木造駅舎の文化財的な価値が評価されて百選駅の栄誉に輝いたならば

今の新しい駅舎は百選駅に値するだろうかと思うところもあります。

また、この百選駅が選ばれたときと趣を変えていない駅でも

名古屋市営地下鉄名城線久屋大通駅など日常的に利用しているので

確かに綺麗な駅といえば駅であるけれど広い中部地方で百選に

入る駅なのだろうかと思ってしまうし、同じ名城線

ナゴヤドーム前矢田駅については、駅舎のデザインはもとより、

東京ドーム最寄りのJR東日本中央東線水道橋駅や、京セラドーム大阪最寄りの

阪神電鉄阪神なんば線ドーム前駅など他の地域の野球場やイベントホールの

最寄り駅と利便性や周辺環境を比較検討した上で百選駅にほんとうに

ふさわしいか一考をお願いしたかったところです。

今年は中部運輸局管内を走るJR東海JR西日本の民営化30周年の

節目の年であるし、前述のように廃線第三セクター鉄道への転換で

環境の変わった百選駅もあるのだし、国民の祝日でないため認知度の低い

鉄道の日のアピールを兼ねて中部の駅百選を改めて白紙の状態から

再選定してはいかがでしょうね。

個人的な思いをいえば開業時の佇まいそのままの養老鉄道養老線養老駅など

運営母体が近鉄から養老鉄道に変わってもまた百選駅に入って欲しいと

思うし、駅の統廃合で真新しい新駅のできた三岐鉄道北勢線からも

ナローゲージ代表として百選駅が選ばれて欲しいところです。

この三岐鉄道の貨物列車が発着するJR東海関西本線富田駅

同じJR東海東海道本線と貨物専業の西濃鉄道線が乗り入れる美濃赤坂駅など

貨物列車が旅客列車を凌駕しているような駅にも味わい深い駅舎が

残っているし、こうした貨物駅の仲間を百選駅に加えてみたり、

愛知万博国鉄分割民営化の負の遺産のように揶揄される

東海交通事業城北線愛知高速交通東部丘陵線の駅を半ば

ブラックユーモアのようにひとつぐらい百選駅に忍ばせてみるのも

中部運輸局というお役所主体のイベントらしくなくていいではないですか。