読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

カズ違い

カズのサインがうちにはありますよという商店主の誘いにふらっと店に

入ったテレビのレポーターが件のサイン色紙を見ると、カズの愛称で

お馴染みのサッカーのキングカズこと横浜FC三浦知良選手ではなく、

昨年からクイズ番組や本業のお笑いでブレイクしている芸人のカズレーザー

サイン色紙が飾ってあって、三浦カズではないのですかとレポーターが

素っ頓狂な声をあげていたけれど、いくら人気者とはいえどカズと聞いて

サッカーの三浦知良選手ではなくお笑いのカズレーザーを思い浮かべる人は

皆無に近かろうし、レポーターと同じように思わぬカズ違いに意表を突かれた

思いだった視聴者は筆者だけではないと思うのです。

似たような事例は他にもあって、居酒屋の酔い客にあなたの十八番はと

インタビューしたところ、酔い客がクワタと答えたので十八番の連想から

インタビュアーがサザンオールスターズ桑田佳祐かと問い返すと

いやいやクワタといえば元読売ジャイアンツの主戦投手の桑田真澄さん

でしょうと返されたので、十八番をオハコと読まずに文字通りじゅうはちばんと

読んでプロ野球の背番号から桑田真澄さんの名を挙げた酔い客の視点というか

着想の面白さと十八番違い、クワタ違いと二つもことばのアヤが重なった事例に

先のカズ違い以上に我が国の母国語である日本語の面白さを実感して

齋藤孝教授や林修先生など日本語を教えている先生たちがテレビで

引っ張りだこになることも頷けると思いました。

このカズ違い、クワタ違いはただの些末な笑い話であるけれど、

新年度、新学期を迎え人の名前を覚える機会の多い時期であるし、

似たようで違った名前の同僚や同級生を混同したり、カズヒロでもカズヤでも

カズタカでも使えそうなカズというあだ名を新しい職場や学校の仲間に

つけてしまってあのカズくんの本名は何だっけと慌てることのないように

したいところですがいかがでしょうね。