読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

自販機

ひと昔前ならば、外出先で飲み物が欲しくなったら、コカコーラや

アサヒ飲料など大手の飲料メーカーの自販機で缶ジュースや缶コーヒーを

求めることが珍しくなかったように思います。

でも、こうした大手のメーカーの設置した自販機は大概メーカー希望小売価格で

あって、自販機で買わずにスーパーやドラッグストア、ディスカウント店で

同じ飲み物を求めた方が安いのは要領のいい消費者のは周知の事実であって、

賞味期限切れが近い商品や中小メーカーの飲料を50円とか100円とか

ワンコインで買える新規参入のメーカーの自販機の登場もあり、

わざわざ高い大手飲料メーカーの自販機で飲み物を買わずとも同じような

品をより安く買えるところを探したほうが賢明という消費者の節約志向も

相まって、こと自販機に関しては大手飲料メーカーは苦境に立たされている上に、

東日本大震災直後の電力不足問題でネオンサイン煌めくパチンコ店と共に

四六時中電気が付けっぱなしの自販機が電気の無駄遣いのように

やり玉に挙げられたこともあって、消費電力の削減をアピールしたり

SuicaPASMOのような鉄道の電子マネーで飲料が買えるようにするなど

自販機を敬遠する消費者を繋ぎ止めようとメーカーがあれこれ努力して

いることは伝わってきます。

でも、ある大手飲料メーカーが導入するという盛夏向けに設定温度を

下げてキンキンに冷えた飲料が買えるようにする強冷と称する自販機に

関してはいささか疑問を持たざるを得ません。

エアコンでも設定温度を下げれば夏はその分電気を食うのだし、

強冷では飲料を冷やすのに余分に電気が要るのは明白であって、

また電気の無駄遣いと言われやしないかと思うし、体が外気の暑さで

火照っているところに強冷というほどの冷えすぎのような飲み物を

流し込んだら一瞬クールダウンにはなるもののお腹を壊してしまわないかと

懸念してしまうし、何より健康に良くないと思うのです。

盛夏でも敢えて常温の飲料が欲しいという消費者のニーズも

少なくないし、強冷もいいけれど、消費者からの節電を求める声と

健康志向に応えてお腹に優しい自販機を飲料メーカーには求めたいと

思うのですがいかがでしょうね。