mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

たらい回し大臣

自民党旧民主党、また自民党政権交代が繰り返されて、我が国の

総理大臣がころころ変わる中で、内閣府北朝鮮による日本人拉致事件

担当大臣が次々交代していることに自民党民進党も本気で拉致事件

解決しようという意欲があるのか疑わしく思ってしまうし、

次々交代する担当大臣との関係作りに余計な労力を使ってしまうという指摘が

北朝鮮日本人拉致事件の被害者家族から出たことがあります。

まさに指摘は的を得ていると思うし、この拉致事件に限らず

専任大臣を置いていた政策の担当大臣を他との兼務にしたり、

内閣改造で担当大臣を重鎮議員から経験の浅い議員や担当する政策に

ついて門外漢に近い議員に交代させると与党は有権者の信頼を失いかねないと

思うし、重要な職責を担う大臣が自分は金融の担当だけど金融は門外漢とか

環境大臣に指名されたけれど自分はどちらかというと経済の政策通だなどと

とんちんかんな発言をする事態になっては自民党の宰相は国務大臣

自民党総裁選挙での論功行賞や旧態依然の自民党の象徴のような

派閥の論理で決めたと週刊文春有権者、そしてマスコミから冷笑

されるのではないでしょうか。

さて、冒頭では安倍晋三首相が政治家生命を賭けるようにいっている割には

いつまでも手詰まりのような北朝鮮日本人拉致事件の担当大臣のケースに

触れたけれど、福島第一原発事故自主避難者に対する復興大臣の

失礼極まりない言動に触れて、東日本大震災当時与党だった

旧民主党政権時代から先の拉致事件担当大臣と同じくこの復興大臣も

重要政策を担うべき大臣なのにたらい回しのように次々交代してきて、

興大臣の被災者に失礼な言動で物議を醸した事例は今回だけでは

なかったはずです。

北朝鮮日本人拉致事件にしろ東日本大震災からの復興にしろ与党も野党も

垣根を越えて超党派で取り組むべき政策なのに担当大臣をたらい回しに

しているようでは自民党旧民主党、いまの民進党もお互いを批判しあう

資格はないと思うのですがいかがでしょうね。

さて、言動が問題視されている大臣といえば大阪府の学校法人の許認可

問題で一躍時の人となってしまった現職の女性防衛大臣が思い出されます。

我が国を守るべき自衛隊の長が自己保身に明け暮れているようでは

海外から嘲笑されてしまうし、安倍晋三首相も防衛大臣の職をたらい回しに

自民党議員にあてがっているのではないと言うならば任命権者と

しての責任を果たして欲しいと思うのですがいかがでしょうね。