読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

検閲する資格はあるか

群馬県が県内の朝鮮学校への補助金支給の条件として、教科書への

北朝鮮による日本人拉致事件の記載を課したと聞いて、検閲と

ヘイトスピーチというどちらも忌まわしいことばが思い浮かびました。

確かに北朝鮮という国が第二次世界大戦での旧日本軍による侵略戦争の部分を

強調した歪んだ教育で体制批判の矛先をそらしながら自分たちが行った

日本人拉致事件はおろか闇に葬り去られた金正日氏の実子の暗殺事件や

国民のために使うべき国の蓄えを核兵器開発やミサイルの発射実験に

使っていることは看過できないけれど、朝鮮総連が母体とはいえ

我が国で教育を行う私立学校に教育内容を強制するようなことは

検閲まがいの行為といえるし、連日メディアを賑わす大阪府の学校法人の

ように私学助成金の不正受給や児童虐待、児童に自民党議員の名前を洗脳の

ごとく連呼させたことによる公職選挙法違反のような明確な違法行為が

なければ公権力が私立学校の教育内容に介入すべきでないと思うのです。

もっと言うならば本国と違い報道の自由表現の自由が保障された

我が国で暮らす在日朝鮮人の子どもたちは教科書に書かれていなくても

否が応でもマスコミの報道で自分たちのルーツといえる国が起こした

日本人拉致事件核兵器開発の話題を知ることになると思うし、

自虐史観のように我が国で生まれ育った在日朝鮮人の子どもたちの

学ぶ教科書に日本人拉致事件の記載を半ば強制することは

ヘイトスピーチが社会問題になる中でいたずらに日本人と

在日朝鮮人、そして北朝鮮政府との憎悪や対立を生んで、

かえって日本人拉致事件をはじめとする我が国と北朝鮮との

諸懸案の解決を結果的に先延ばしにしてしまうように

思うのですがいかがでしょうね。