読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

人前に出る資格

熱戦が続くサッカーのJ1リーグJ2リーグ

その熱戦に水を差すような事案が相次いだことにファンの1人として

複雑な思いがします。

岐阜県が地盤のFC岐阜の現役選手が酒気帯び運転で現行犯逮捕されたと

いうのは言語道断であって、事態を重く見たクラブがこの選手を契約解除

したのは当然のことであって、このFC岐阜も他のクラブもこの事案を

他山の石として欲しいし、ことの起こりのFC岐阜についてはきちんと

サポーターに釈明するとともに所属選手の綱紀粛正に努めて今回の事案は

消したい過去ではあるだろうけれど決して黒歴史にしてはいけないと思うのです。

特にサッカーの場合は、名古屋グランパスエイト、横浜•F•マリノスなど

自動車メーカーが親会社やスポンサーのチームも複数あるし、

ユニフォームに自動車の広告をつけて戦う以上はスタンドから声援を送る

子どもたちのためにも率先して選手達は交通安全に取り組むべきと思うし、

飲んだら乗るな、飲むなら乗るなを実践できない選手はスポーツマンシップ

第一義の世界で戦う資格はないと言われても仕方がないと思うのです。

厳しい言い方をしたようだけれど、飲んだら乗るななどサッカー選手で

ある前に社会人の基本でしょうと入社式を済ませたばかりの新社会人に

笑われてはプロのアスリートという肩書きが廃るではないですか。

社会人の基本といえばこれもサッカーの取材帰りの静岡第一テレビ

社員が無免許運転で逮捕された事案は先のFC岐阜の選手以上に

情けなく思うし、他の業種よりも規律や倫理観が求められる商売なのに

採用や人事考課の場面で彼が無免許であることを見抜くことのできる

人間がいなかったのだろうかという思いです。

認知機能の衰えが原因の高齢者ドライバーの事故を批判するテレビメディアで

あるけれど、内部の人間がこんな不祥事を起こしていては無謀運転を

放送で批判する資格はないし、フジテレビの新番組を経歴詐称を理由に

降板させられたフリーのキャスターの事案や、日本テレビなどで性的な

過去のスキャンダルを蒸し返されたアナウンサーの事案もあったことだし、

あら探しということばはあまりいい響きではないけれど、

週刊文春に痛い腹を探られないようにアナウンサーや職員の採用段階で

民放もNHKも応募者の身体検査をきっちり行って欲しいと思うし、

特にNHKは大所帯で目が行き届きにくいことや、記者や契約会社の

社員が性犯罪を相次いで起こしたことを鑑みて採用に応募してきた

人間の人となりをしっかり見抜いて欲しいと思うのですがいかがでしょうね。