読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

秘境の胸の奥

昨年のJR東海ダイヤ改正に合わせて同じ閑散路線のJR東日本岩泉線

JR西日本三江線と同じ運命を辿ることなく見事に風水害からの鉄道での

復活を果たしたJR東海名松線

奇跡の復活と言われたけれど、沿線の人口減少の問題が解消した訳ではなく、

先行きが楽観視できるかというとそうも言えないところがあるし、

近鉄山田線大阪線から離れる一志駅から伊勢奥津駅の間は山深い山村で

あって、ハイカーや秘境駅マニアでもなければ大した見どころも

ないかと思ったら、復活一周年を祝う地元のテレビ番組でこの名松線

話題に上って、乗り鉄撮り鉄でなくても興味を惹かれるローカル線で

あることに気づかされました。

撮影の機材がある撮り鉄や登山道具のあるハイカーはこの名松線沿線の

山村に電車ではなく手軽にマイカーで行こうと思うのも人情と思うけれど、

番組では先に触れた一志駅に名松線利用者向けの無料駐車場があることが

紹介されていて、起点の紀勢本線松阪駅からのんびり乗る時間がないという

向きは伊勢自動車道経由のマイカーや一志駅に隣接した近鉄大阪線

川合高岡駅から一志駅に出て名松線に乗り継ぐのもいいと思いました。

この一志駅から終点の伊勢奥津駅に向かうと確かに桃源郷のような

山村に入っていくのだけれど、名所旧蹟がないかというとそうでもなくて、

伊勢奥津駅からレンタサイクルでアクセスできる戦国大名北畠顕家ゆかりの

史跡など歴史好きにも興味が持てるのではないかと思いました。

史跡を抱えるローカル線といえば、名松線と同じく水害で存廃論議になった

ことのある福井県JR西日本越美北線も印象深く、水害に

見舞われただけでなく、名前の由来になっている三重県名張市

繋がることのなかった名松線と越美南線に当たる岐阜県長良川鉄道線に

繋がることのなかった越美北線には不思議な因縁を感じます。

名松線北畠顕家ゆかりの史跡は知る人ぞ知るといったところだけれど、

越美北線のほうはソフトバンクのCMに登場して聖地巡礼のような

観光客も訪れるようになった一乗谷朝倉氏遺跡や城下町の越前大野など

有名な史跡に恵まれているし、事実上の起点の福井駅への

北陸新幹線の乗り入れがいよいよ現実に迫っているのも頼もしい

ところです。

北陸新幹線福井駅に伸びれば、名松線と同じく本日開業1周年を迎える

北海道新幹線の沿線と同じく福井県も開業景気に沸くだろうけれど、

超のつく閑散区間越美北線越前大野駅と終点の九頭竜湖駅

間も少しでも開業景気の恩恵に預かれればと思うのですがいかがでしょうね。