mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

模範

オープン戦本塁打を連発できるならばWBCに出ろよという大谷翔平投手への

ブーイングや青木宣親選手以外出場しなかった日本人メジャーリーガーを意識

したのか、元侍ジャパン監督の原辰徳さんが故障以外で侍ジャパン

辞退するなとプロ野球選手たちに苦言を呈したことには賛否両論あると思います。

でも、夏場所の出場も危ういと言われるぐらいの手負いの身となった

大相撲の横綱稀勢の里関が今日も休場しないという選択肢を取ったのは

すべての力士の模範であるべき横綱の地位を自覚した神対応

素直に思ったし、プロ野球の世界でも不慮の骨折で出場どころか選手生命も

危ぶまれる中で今回の稀勢の里関と同じく強行出場に踏み切って

片手一本で安打を放った現役時代の金本知憲選手の事例もあるし、

侍ジャパン入りを拒んだ大谷翔平投手や岩隈久志投手、田中将大投手ら

メジャーリーガーたちも球界の最高峰で戦う身であって野球少年たちの

憧れであって模範たるべき存在なのにWBCを欠場したのが

ほんとうに正しい選択肢であったのかどうかを原辰徳さんのことばや

手負いの中で目の前の試合から逃げなかった金本知憲選手や稀勢の里関の

最大限の神対応を反芻しながら自分の問題として熟考して欲しいと

思うのです。

メジャーリーガーたちは契約社会のアメリカで戦っている以上球団の方針に

逆らえず出たくても出られなかったという言い分があるかもしれないけれど、

それならば男気復帰と言われた黒田博樹さんや最後の舞台に我が国の

プロ野球を選んだ新庄剛志さんのように侍ジャパンの一員として戦って

自分を育ててくれたプロ野球に恩返しがしたいといって我が国の

セリーグパリーグの球団に復帰するという選択肢もあった訳だし、

メジャーリーグの球団との契約交渉の中で侍ジャパンに出るなというならば

自分は日本の球団に復帰するという主張もできたはずで、そこまでいって

いればワガママと言われるどころか賞賛されたと思うのです。

大相撲の話に戻ると、大阪市春場所の取り組みを観戦した

フィギュアスケートの本田真凛選手が白熱した取り組みに感化されたという

ぐらいに力士と力士のガチンコ勝負には他の競技の選手をも虜にさせる

ほどの魅力があるのだと思うのです。

でも、WBCは深夜まで延長放送していたのにセリーグパリーグの公式戦は

ほとんど全国ネットの生中継がなく延長放送もないというのは

視聴者の嗜好の変化もあるけれど、ブームが再燃の兆しを見せる大相撲や

プロレスに比べてプロ野球の試合から選手の覇気や闘志が感じられなく

なってしまった部分もあるように思うし、侍ジャパンに選ばれた選手も

そうでない選手も淡々と予定調和のようにセリーグパリーグの公式戦を

こなすのではなく、野球少年たちが目を輝かせて見られる白熱した試合を

見せる必要があると思うし、ポスティングシステムフリーエージェントだと

権利を主張するのは二の次三の次だと思うのですがいかがでしょうね。