mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

二度とやりません

子どもの頃にいたずらをして、迷惑をかけた人や両親に二度とやりませんと

平身低頭頭を下げたという経験のある人も少なくないと思います。

筆者もご多分に漏れずというかそういう苦い経験があるのだけれど、

二度とやりませんということばを有言実行できれば汚名返上に

なりうると思うし、迷惑や心配をかけてしまった相手に謝罪の気持ちも

伝わると思うのです。

自身の過去のヒット曲にかけて精神年齢16歳と揶揄されるような

線路内立ち入り事案を起こした松本伊代さんと、その場に一緒にいたのに

行為を止めなかった早見優さんも非難轟々の渦の中で自分たちの

しでかしたことの大きさに気づいて警察沙汰の大騒ぎになったことで

精神年齢16歳と言われぬように馬鹿げた悪ふざけは二度とやらないと

天地神明に誓っていると思いたいところです。

さて、悪ふざけで済まないチェンソーを使った運送会社への脅迫事件を

起こした三重県内のYouTube狂いの男に対して、今回だけといって

初犯の判例や被告の態度を考慮したのか起訴猶予の処分が下されたけれど、

殺傷能力のある刃物を突きつけられる恐怖感を理解できない

この男は起訴猶予イコール無罪放免ではないという理屈は理解できないと

思うし、YouTubeへの投稿も自粛するといっているだけで二度とやらないと

言っていないし、起訴猶予という処分ではまた同じような事案をやらかす

のではとどうしても思ってしまうし、先に触れた松本伊代さんらを

書類送検したように司直も見せしめということばが頭にあるのなら

売り物のおでんを指でつついたり駅のホームに悪ふざけで飛び込む

動画をYouTubeにアップする輩への警鐘の意味も込めて今回の男も

こいつに二度とやるなと言っても無理と判断して起訴猶予でない重い

処分を課すべきではなかったかと思うのです。

さて、二度とやるなといえば野球賭博、違法賭博問題を端緒とした

出場停止処分が解けたバトミントンの元代表選手と読売ジャイアンツ

元投手の存在が思い浮かびます。

刑事処分や禊ぎと言える社会的制裁も受けているから復帰していいのではと

いう着想も理解できなくはないけれど、スポーツマンシップにもとる

蛮行に及んだ彼らの復帰を快く思わないファンも少なくないと思うし、

彼らをもう一度競技の場に復帰させるならば球団や競技関係者も

批判の声に真摯に応えた上で、何より本人たちが酒池肉林の誘惑を

断ち切って東京オリンピックに憧れる青少年の模範となるべく

後ろ指を指されることは二度とやらないという気持ちをしっかりと

持ち続けることが大事と思うのですがいかがでしょうね。