mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

芸どころ、竜どころ

アメリカに惜敗して夢破れる形となった侍ジャパン

この侍ジャパンには、昨年セリーグ最下位であったにもかかわらず

中日ドラゴンズから平田良介選手、岡田俊哉投手の2名が選出されたけれど、

よく考えたら平田良介選手は大阪桐蔭高校岡田俊哉投手は智弁和歌山高校と

中日ドラゴンズの地元の愛知県や岐阜県の高校出身ではないというのが

地元の野球ファンとしては複雑に思うところです。

好きなチームが勝てば形にはこだわらないというのもプロスポーツ

あり方の一つには違いないと思うけれど、中日ドラゴンズGMを昨年まで

務めた落合博満氏のそうした勝利至上主義でファンサービスはそっちのけという

スタンスが批判の的であったのも事実であるし、中日ドラゴンズには

即戦力のルーキーを獲得することも大事であるけれど、長期的な視野に立って

地元の有望な高校生を辛抱強く将来のエースや四番に育てあげるという

考えももって欲しいし、地元のファンや侍ジャパンに憧れる野球少年のためにも

落合博満政権時代とは一線を画した球団運営を期待したいものです。

さて、ここまではプロ野球のことを書いたけれど、名古屋ローカルの

バラエティー番組で活躍する人気芸人が一堂に会するという特番を見ていて、

確かに東京キー局でもおなじみの人気者ばかりだけれど、東海地方出身者は

スピードワゴン井戸田潤よゐこ濱口優ぐらいで、同じ特番に出演していた

アンタッチャブル山崎弘也キャイ〜ンウド鈴木、ロバートなどは

名古屋市とは縁もゆかりもなくて、他局の名古屋ローカルのレギュラーを持つ

山口智充オリエンタルラジオも含めて、地元出身のタレントがローカル番組で

見られないことに一抹の寂しさを感じてしまうのが偽らざる思いです。

全国ネットでもよく見る顔がローカル番組で見られて羨ましいと他府県の

人は言うけれど、逆に言えば徳川宗春の時代から芸どころと言われた

名古屋市に全国区の芸人を押しのけるようなタレントが育っていないのが

事実であって、名古屋市みのもんたと言われた地元タレントが

名古屋弁が下品と批判を浴びた上に前代未聞のラジオの生放送中の

共演者への暴言騒動で降板を余儀なくされたことはタレントの育たない

名古屋市の土壌を端的に表しているように思うのです。

こうした名古屋市を地盤に活動してきて姉妹グループと肩を並べる存在に

育ったSKE48が連続で紅白歌合戦の単独出場を逃したり、高校野球でも

選抜高校野球大会で東海勢が早々に姿を消してしまうなど地元民には

寂しい話題が続くけれど、芸能の分野でもアイドルでもお笑いでもいいから

地元も大切にしつつ全国ネットのレギュラーも持つ大泉洋のようなタレントが

名古屋市から出てきて欲しいし、プロ野球の世界でも、イチロー選手の再来と

言われるような逸材が愛知県から出てきてナゴヤドームのファンの喝采を

受けてプレーすることになれば嬉しい限りと思うのですがいかがでしょうね。