mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

規制改革

小泉純一郎内閣時代には美徳や美談のように言われた規制改革ということば。

有識者会議でのこの規制改革の旗振り役であった宮内義彦氏が俳優よろしく

愛知万博クールビズの宣伝のようなファッションショーのモデルと

して登壇したのは当時いかに規制改革が羨望の眼差しを受けていたか、

国民の間に閉塞感が広がってこのクールビズの旗振り役から

今では東京オリンピックの旗振り役に鞍替えした小池百合子氏のような

既得権を打破する存在への待望論が広がっていたかを端的に表して

いるように思うのです。

だが、先の宮内義彦氏が口では規制改革を叫びながらプロ野球への

ライブドア楽天の新規参入に横槍を出していると批判された頃から

国民が規制改革ということばに疑問を持つようになって、

大衆迎合のごとく閉塞感や既得権の打破を望む有権者の心情に呼応して

政権与党の自民党公明党旧民主党が次々と規制改革を進めた結果、

今になって規制改革を悪用する形で労働基準法を軽視した

長時間労働を従業員に強いた電通パナソニックのような一流企業が

白い目で見られたり、待機児童問題の対策で保育園や認定こども園

設置基準が緩和されたことにつけ込んだ補助金の不正受給事案や

定員超過の保育施設での不慮の事故や児童虐待などの問題が起こって

規制改革の弊害が顕在化してきて、規制改革を待ち望んでいたはずの

国民が規制改革ということばに逆に苦しめられているように思うのです。

さて、規制改革といえば学校法人の設置基準もこの規制改革の対象に

なりましたが、荒唐無稽そのものの奔放な言動を繰り返す極右思想の

理事長の学校法人が小学校を作る寸前までたどり着けたことに疑問を持って

いる人は少なくないと思うし、先の保育施設や同じように事故や虐待が

たびたび報じられる障がい児施設や介護施設についても、学校法人も

そうだけれど安くはない金を叩いて大事な家族を預けるところなのだから

規制改革でニーズを充足することも大事だけれど悪徳業者を駆逐するためにも

量より質という考えを持って新規参入の条件や審査の厳格化も

官民で検討すべきアジェンダであると思うのです。

さて、先の大阪府の学校法人で話題になっている学校法人の設置基準で

あるけれど、かつて構造改革特区制度を利用して資格予備校を運営する

東京都の株式会社が通信制の大学を設立したことがあって、

筆者も名古屋市のキャンパスでこの大学の講師の授業をビデオ学習の

形で聴講したことがあるけれど、同じ通信制の大学でも歴史の重みの

ある放送大学とは授業の内容や運営の面で正直見劣りすると思ったし、

大学の運営がそのうち頓挫するのではと思ったら案の定でした。

株式会社や資本家が学校法人や介護や保育の分野に新規参入することが

一義的に悪いとは言わないけれど、先に触れたように規制改革の

歪みが我が国のあちこちに現れてきていることは事実であるし、

意欲のあるもの誰でもござれといってどこの馬の骨ともわからない

人間を人間形成や人間の健康を預かる分野に形式的な審査で参入させるのは

いかがなものかと思うのですがいかがでしょうね。