読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

19歳のおばあちゃん、、、

一回15分と短いながらも長寿番組として知られるNHK総合テレビ

連続テレビ小説

この連続テレビ小説で、実年齢が20歳にも満たない女優がおばあちゃん役を

演じていることの是非が議論になっているというけれど、筆者は

19歳でおばあちゃんはないでしょうといって否定的に捉えてしまいます。

未成年で子どもを持っている女性も現代では珍しくなくなったけれど、

孫がいるというと早くても40そこそこだし、このおばあちゃん騒動に限らず

NHK総合テレビ連続テレビ小説大河ドラマは主役の俳優に

青年期から老年期までぶっ通しで演じさせることでどこか無理が生じて

いる部分が多々あったように思うのです。

もっと言うならば主人公の幼児期は子役を使っているのだし、今回のように

20歳にも満たない女優におばあちゃん役をやらすとはと言われるぐらいならば

連続テレビ小説にしろ大河ドラマにしろ俳優と主人公の年齢がかけ離れ過ぎない

ように主人公を演じる俳優を物語の展開に応じて交代させる手段を

とってもさほど批判は起きないと思うのです。

このNHK総合テレビ連続テレビ小説大河ドラマは民放では見られないような

長い撮影期間で主要なキャストを演じる俳優を拘束してしまうことや、

撮影が一部NHK大阪放送局や地方のロケ地で行われるという点も

俳優たちの心身に負担を強いているのは紛れもない事実であって、

先のように主人公や主要キャストを演じる俳優を適宜交代させたら

こうした俳優への負担軽減にもなるし、大河ドラマ連続テレビ小説

主役を志して天文学的な倍率のオーディションに挑む俳優たちにとっても

主役の俳優を幾人か募ることになればチャンスが増えることに

なると思うのです。

民放の連続ドラマに比べてNHK総合テレビ連続テレビ小説は確かに

良質な作品揃いであるし、レギュラー放送される民放地上波の時代劇が

TBS系列の水戸黄門の再放送ぐらいになってしまったと嘆く時代劇ファンに

とってはNHK総合テレビ大河ドラマは貴重な存在であるけれど、

冒頭で述べたおばあちゃん騒動や民放の連続ドラマの撮影現場で起こった

子役への虐待紛いの行き過ぎた演技指導の問題を教訓として

NHKには時代に即した連続テレビ小説大河ドラマのあり方を

検討して欲しいし、受信料を収めてくれる視聴者のためにも

これを契機に紅白歌合戦や定時ニュースなど他の長寿番組の

改革にも乗り出してくれればと思うのですがいかがでしょうね。