mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

供給過剰にならないか

いよいよ名古屋市港区に全貌を現したレゴランド

地元民としては楽しみと言いたいところだけれど、大阪府USJ

千葉県の東京ディズニーランドはもとより、近隣のナガシマスパーランド

南知多ビーチランド日本モンキーパークのような遊園地に比べて

明らかに高い入場料を見るとさっそく行ってみようという気にはなれないし、

むしろこのレゴランドのオープンと隣接する商業施設の開業が近隣の

リニア鉄道館や大型家具店のファニチャードームのお客が春休みで

増える時期と重なって、クルマ社会の名古屋市のこと、違法駐車や

大渋滞で周辺が混乱しないだろうかと気を揉んでしまいます。

こうした名古屋市のベイエリアの発展や、リニア中央新幹線の開通に

伴う名古屋駅周辺の再開発による宿泊需要の増加で近畿日本鉄道が、

十数年前に閉館になった名古屋都ホテルを復活させる形で建て替え予定の

近鉄名古屋駅の駅ビルにシティホテルを開業させる構想があるというけれど、

リニア中央新幹線の開業後を見据えて名古屋駅の駅ビルの増築に取り組む

JR東海はもとより、近鉄と同じく老朽化した名鉄バスセンタービルの建て替え

の構想がある名鉄も新しい駅ビルにシティホテルを

入居させることが予想されるし、

摩天楼のように次々建った超高層ビルに入居した民間企業のオフィス同様に

シティホテルばかりになって供給過剰にならないだろうかという思いがあります。

確かにリニア中央新幹線レゴランドは明るい材料と言えるものの、

アメリカの新しい大統領の貿易政策の転換や遅々として開発が進まない

三菱航空機MRJなど中部経済には懸念材料もあるし、明るい材料と

言ったレゴランドにしても嘆息するような入場料の遊園地にどれだけ

リピーターが集まるか未知数の部分もあるし、リニア中央新幹線

開業当初は名古屋市を活気づける材料になると思うけれど、

ストロー現象と言われるようにオフィスや人材が首都圏に吸い上げられる

リスクもあるし、観光地としてのイメージが薄い名古屋市を飛び越して

近鉄特急や東海道新幹線で伊勢志摩、関西地方、北陸地方に観光客が

向かってしまわないだろうかという懸念もあります。

もっと言うならば一昨年開業した北陸新幹線の乗客が僅かに減ってきたように

整備新幹線の開業景気はいつまでも続かないものなので甘い見通しで

シティホテルやオフィスビルの開発に取り組むとリニア中央新幹線

開業してしばらく経ったら空室だらけで閑古鳥が鳴いているという

状況にもなりかねないと思うのです。

地元民としてはリニア中央新幹線が無事開業してMRJも大空に

飛び立ってと名古屋市の明るい未来を思い描きたいのが人情だけれど、

一方では空室だらけのオフィスビルや廃墟のようなシティホテルも

見たくないので名古屋市への投資を目論むディベロッパーのみなさんには

先読みということばを頭に入れた上での再開発に取り組んで欲しいと

思うのですがいかがでしょうね。