読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

便利になったのか、、、

先日のダイヤ改正で最新型のN700A使用の列車も増えて、スピードアップが

一部で話題になった東海道新幹線のこだま号。

このこだま号の速達効果を東海道新幹線の駅がないところにもといって、

JR東海静岡県内や豊橋駅名古屋駅の間の東海道本線普通列車

こだま号の接続改善のダイヤ修正も同時に行ったけれど、

新しい現行のダイヤを良く見ると、こだま号のスピードアップで東海道新幹線

時間が変わったのに連絡する東海道本線の列車の時間が変わっていないために

今まで米原駅で接続していたこだま号と東海道本線普通列車

一部接続しなくなったり接続の悪くなったケースが出ているのが筆者の

気になるところです。

代替手段の少ない静岡県内や愛知県三河地方に比べて愛知県尾張地方や

岐阜県美濃地方の利用客は近鉄特急や名神ハイウェイバス

在来線同士の米原駅での乗り継ぎなど関西方面に向かうのに

東海道本線とこだま号を米原駅で乗り継ぐ以外にも関西方面に向かう

術は幾らでもあるのだし、こだま号に乗るなら名古屋駅岐阜羽島駅でと

JR東海は思っているのかもしれないけれど、岐阜県第二の都市大垣市

県都岐阜市からは不便で停車本数も限られる岐阜羽島駅よりも

東海道本線と直接乗り継げる米原駅のほうが便利であるし、

愛知県の一宮市名古屋市から関西方面に向かう場合でも、

近鉄特急や名神ハイウェイバスよりも場合によっては安価で京都市周辺に

向かうことのできるこの米原駅でのこだま号への乗り継ぎは便利であったのに

そうした利用客や、米原駅と京都駅の一駅だけ別払いしてでも快適に速くという

青春18きっぷユーザーを無視したような今回の改正には納得できないところが

あるし、昨年のダイヤ改正米原駅直通の新快速列車の増発をアピールしていた

JR東海も、ここまで書いたような米原駅での乗り継ぎ需要を踏まえて

こだま号のダイヤ修正が難しいならば大垣駅での停車時間を調整するなどして

東海道本線普通列車の時間を調整して、米原駅でこだま号に乗り継ぐ

お客を無視していると言われないように対応をして欲しいと

思うのですがいかがでしょうね。