読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

笑って済まぬこともある

お笑い芸人が不倫や二股交際など、下半身のスキャンダルを起こすと

芸の肥やしといって笑い飛ばす風潮が我が国には見られるような気がします。

でも、不倫や二股交際をしたからといって未成年者への淫行など具体的な

違法行為がなければ犯罪にはならないものの、お笑い芸人であれば

何人も愛人を侍らさて本命の彼女や妻子を悲しませていいなどという

免罪符はないし、入籍している妻がいるのにお構いなしに他の女性と

火遊びに走っては我が国が一夫多妻制の国であると履き違えているのかと

言われても仕方がないと思うのです。

こうした女性スキャンダルをめぐる一部のお笑い芸人の半ば開き直ったような

言動も問題と思うけれど、不倫や二股交際とは違って明確に違法行為であり

被害者も存在するひき逃げ事故を皮肉るように事故太郎と自虐的に言った

お笑い芸人のことばには正直疑問を感じて不謹慎と思ってしまうし、

被害者の神対応で水に流してもらったからといって無罪放免になったように

勘違いしてはならないし、救護措置を取らずに自分がひいた人間を置き去りに

して走り去ったという重い十字架を背負ったまま人を笑わせる商売を努めねば

ならないことを十分認識して欲しいと思うのです。

この事故太郎騒動のようなお笑い芸人の見方によっては不謹慎と取れる

発言は過去にもあって、自分の恋人は18歳以上ですなどと未成年者への

淫行で謹慎となった仲間の芸人を皮肉ったり、石田純一よろしく

不倫や不貞行為を肯定するような言動をした良識を疑いたくなるような

芸人も存在しました。

確かに我が国には無礼講ということばも存在するけれど、それは本来仲間内で

酒に酔ったときにふざけて使うことばであると思うし、

シラフで視聴者の前に現れているのに仲間内での飲み会のような感覚で

発言していてはお笑い芸人も視聴者に反感を買われかねないし、

彼らの監督権のある所属事務所や出演番組の編集権のあるテレビ各局も

最近では大学教授や文化人のようにコメンテーターまで務めるようになった

お笑い芸人の言動が差別的とかヘイトスピーチとかいじめの助長といって

突かれないように彼らお笑い芸人の一挙手一投足に目を光らせて欲しいと

思うのですがいかがでしょうね。