mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

オープン戦

侍ジャパンの戦いが佳境という中で、国内のセリーグパリーグ

オープン戦は不要ではないかというテレビのコメンテーターのことばに

どこか違和感を覚えました。

確かに筒香嘉智選手や菅野智之投手のような人気も実力もある選手を

侍ジャパンに取られていてはプロ野球の各球団も興業面で不安もあるだろう

けれど、オープン戦侍ジャパンに漏れた日本人選手やWBCとは無関係の

外国人選手にとっては貴重な調整の場であるし、プロ野球のファンにとっても

一軍の公式戦を生で見られる機会の限られる地方球場で白熱した

プロ野球の試合を見られる大相撲で言うならば地方巡業のような貴重な機会で

あるし、パリーグの試合がなかなか見られない名古屋市広島市

ファンや、反対にセリーグの試合がなかなか見られない福岡市や仙台市

ファンにとっては交流戦以外で地元に本拠地のないリーグの球団の

試合を見られるチャンスなのにWBCを理由にそうした機会を奪っていいのかと

思うのです。

昨日ほっともっとフィールド神戸で行われた読売ジャイアンツ

オリックスバファローズの一戦など、内海哲也投手、金子千尋投手という

万全ならば侍ジャパンに選ばれてもおかしくない主戦投手の投げ合いで、

平日のデーゲームの割に観客も入ったのでオープン戦とはいえ見ごたえが

あったし、今年はオープン戦は不要というコメンテーターはWBC

生で見られるプロ野球ファンはマイノリティーであることや、

神戸市でほとんど試合のない読売ジャイアンツの選手たちに嬉々として

声援を送るファンの姿を思い浮かべるべきと思うのです。

オープン戦で思い出すのが、後にメジャーリーグに挑戦することになる

イチロー選手と川上憲伸投手の写真を配して、日本シリーズの予感と

銘打った当時のオリックスブルーウェーブナゴヤドームでの

オープン戦の主催試合の宣伝ポスターです。

結局日本の公式戦でのイチロー選手と川上憲伸投手の対戦は実現せず、

オリックスバファローズと名前を変えた今も川上憲伸投手が在籍していた

中日ドラゴンズとの日本シリーズは実現していないけれど、

ファンに夢を抱かせてくれたこのオープン戦のポスターはいつまでも

心に残ると思うし、セリーグパリーグの本拠地のない地方のファンが

プロ野球を生で見られた時の感動はこの比ではないと思うので、

こうした地方のファンが眼中にないような言動をしていたら

ファンとレスラーの距離が近く地方巡業が日常茶飯事のようなプロレスや

地域密着を第一義に掲げ政令指定都市や県庁所在地以外のチームも

多いサッカーのJリーグにファンを奪われるぞと先のコメンテーターに

喝を入れたいところですがいかがでしょうね。