mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

タヌキの宝箱

宝箱と言われると、さぞかし豪華な宝物が入っているように思うけれど、

昔読んだギャグマンガで、人間のことばがわかるタヌキが主人公に

タヌキの宝箱と称して差し出したのは何も入っていない空箱であって、

主人公がクレームを付けると宝箱から「タ」の字を抜いたら空箱になるので

タヌキの宝箱イコール空箱で異論はないでしょうと逆に言い返されてしまうと

いう場面がありました。

これは一休さんのトンチのような笑い話であるけれど、ヤマト運輸

過重労働や運賃の値上げの元凶のように言われているネット通販大手の

Amazonがやっていることも先のトンチと五十歩百歩であるというのが

筆者の正直な思いです。

USBケーブルのような軽くてかさばらないパソコンの周辺機器を

プライム会員向けのサービスと称して宝箱のような仰々しい箱で

送りつけるAmazon社の態度はほんとうに先のトンチ話そっくりであるし、

宅配便で送ったら運送業者の手間になって受け取る側も再配達依頼などの

二度手間が生じるという指摘はもっともであって、USBケーブルぐらいなら

宅配便でなくても定形外郵便やメール便でいいというのもその通りであって、

輸送中の不慮の事故で紛失や破損が心配と言うなら追跡機能付きで

同社のゆうパックよりも安価で小さな荷物を送れて送り先のポストに

投函してくれる日本郵便レターパックを使うなどバカバカしく思える

「宝箱」を使わないで済む方法は幾らでもあると思うのです。

今回のヤマト運輸の値上げ騒動には賛否が分かれているけれど、

片手に乗るようなUSBケーブルを仰々しい箱で送る行為に疑問を抱かない

人間は少ないと思うし、荷物が届いた後の箱の処分に困っている

消費者も少なくないだろうからヤマト運輸の労使が起こしたアクションを

問題提起と捉えて、お急ぎ便と称して速く届くのはいいけれど

その分時間帯指定ができずに再配達の手間を招くという本末転倒の

結果になっている過剰な速達サービスも含めて、消費者とAmazon社を

はじめとする通販業界も過剰すぎる配送サービスを再考するとともに、

政府もこうした過剰なサービスが消費者や運送業者にかえって負担を

招いていることを鑑みてサービスの見直しを通販業界や

運送業者に指導してはと思うのですがいかがでしょうね。