mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

WBCのあり方

前々回のWBCの中国代表と読売ジャイアンツの親善試合を東京ドームで

観戦したことがあります。

筆者はアンチ巨人だけれど、プロ野球自体は大好きであるし、

滅多に見られない試合でしかも当時の中国代表の監督がテリー•コリンズ氏、

侍ジャパンの指揮を取るために離脱していた原辰徳さんに代わり

読売ジャイアンツの指揮を取っていたのが伊原春樹氏と

オリックスバファローズの監督対決という隠れた楽しみもあって

東京旅行の途中に観戦の予定を組み入れたのです。

読売ジャイアンツはビジター扱いであったけれど、球団マスコットの

ジャビットが登場したり、オリックスバファローズ時代から応援していた

谷佳知選手の元気な姿が見られたりと意外に楽しむことができました。

この試合はプロ野球の歴史の浅い中国代表と、我が国で球界の盟主

言われる読売ジャイアンツでは勝負にならないとか出来レース

言われやしないかと思ったけれど、良くも悪くも歴史の重みの染み付いた

読売ジャイアンツと若々しい中国代表には対照の妙があったし、

敗れはしたものの読売ジャイアンツの主戦投手から長打を放った

中国代表の選手たちには拍手を送りたくなりました。

この大会の中国代表チームは全員が中国で生まれ育った若者ばかりで

あったけれど、今年のWBCの同じ中国代表にアメリカメジャーリーグ経験の

ある主戦投手がいると聞いて韓国や台湾ならわかるけれど

中国からメジャーリーグに挑戦した選手がいただろうかと

思ってしまいました。

この投手の素性を良く聞いてみればパナマ系中国人ということで、

WBCという大会や中国代表チームの在り方も変わったと思ったものだけれど、

我が国のプロ野球でも東北楽天ゴールデンイーグルスオコエ瑠偉選手のように

いわゆるハーフの選手も増えてきたので中国代表は純粋な中国人で

なければならないというつもりはありません。

ただ、おじいさんのおじいさんが中国人だから中国語を知らずとも

中国本土への渡航歴がなくても中国代表として戦っていいと言われると

いささか抵抗があるし、なしくずしのように中国以外の国でも

本国と縁遠い選手が代表のユニフォームを着てプレーすることに

なりやしないかと思うのです。

さて、WBCのホスト国と言えば言わずと知れた野球の母国アメリカです。

プロレス団体に出資したり、元千葉ロッテマリーンズ監督の

ボビー•バレンタイン氏を閣僚に起用するという噂が立ったほど

スポーツの分野にも関心の深いこのアメリカの大統領ですが、

彼のヘイトスピーチや極右的な言動で前のオバマ政権が温めてきた

WBCの常連国でもあるメキシコやキューバとの関係の悪化が

心配されるところです。

先に触れたようにいかに頂点を目指すためとはいえど本国と関わりの

薄い選手が代表としてプレーすることには疑義があるけれど、

大統領の独断で仮想敵国の選手がアメリカに入国できないといった

事態は避けたいし、今回のWBCを通じて大会の運営や

スポーツビジネスの在り方を再考して、硬式野球ソフトボール

晴れて復活する来るべき東京オリンピックに繋げたいと

思うのですがいかがでしょうね。