読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

毒さえも、、、

球界の盟主と言われ、日本プロ野球の代名詞のように言われる

読売ジャイアンツ

アンチ巨人と言われる人間も数多いし、有名税ではないけれど

人気球団である分風当たりも強いと思うのだけれど、

逆指名のように読売ジャイアンツを選択して入団した選手も少なくないのだし、

自分で敢えて厳しい道を選んだ以上は向かい風よ吹いてこいという

気概も必要と思うし、他球団よりも高額の年俸や契約金を貰っている以上は

それに見合った働きをせねばならないと思うのです。

この読売ジャイアンツの守護神を務める澤村拓一投手が毒さえも

栄養にすると言ったのもこうした球界の盟主とか球界の紳士

言われる球団を選んだ責任感がバックボーンにあると思うのだけれど、

オープン戦のマウンドに上がるやいなや危険球退場になってしまったと

いうことで、彼が侍ジャパンに落選したことも踏まえて言うならば

気概も大切だけれど有言実行という姿勢も見せなければ球界の盟主

リリーフエースは務まらないと言いたいところです。

この読売ジャイアンツにドラフト会議の指名やフリーエージェント宣言を

経て入団した選手たちは泥水を飲む覚悟と言った清原和博しかり

入団会見で希望に満ちたことばを述べていた新人選手しかり

最初は格好のいいことを言うのだけれど、清原和博氏は

読売ジャイアンツと移籍したオリックスバファローズで思うような

結果を残せないまま引退してその後覚せい剤に手を染めてしまい、

初々しかった新人選手たちもOBや他球団から恵まれすぎと

やり玉に挙げられる環境や待遇にあぐらをかいて、文字通り汗水たらして

稼いだ年俸をキャバクラ通いにつぎ込んで週刊文春に自らネタを提供する

という失態を演じたり、一部の選手に及んでは野球賭博という

人の道、野球人としての道を踏み外す蛮行に及んでいずれも

しくじり先生と化してしまったのは周知の事実です。

澤村拓一投手には侍ジャパンの落選やオープン戦での失態を帳消しに

するようなセリーグ公式戦での好投を見せて批判を一蹴して見せて

欲しいところだし、リリーフエースがそうしたしくじり先生を量産する

ような悪い流れを断ち切ってくれれば読売ジャイアンツの変革に

つながると思うのです。

さて、有言実行といえばサッカー日本代表本田圭佑選手も有名ですが、

昨年のドラフト会議でこの本田圭佑選手と一字違いの沢田圭祐投手が

がんばろう神戸を合言葉に読売ジャイアンツ日本シリーズで倒した

オリックスブルーウェーブの後身のオリックスバファローズ

入団しました。

大阪桐蔭高校の同期で侍ジャパンにも選出された阪神タイガース

藤浪晋太郎投手と自身を比べて格が違いすぎると謙遜するこの沢田圭祐投手

だけれど、先の澤村拓一投手と違ってこれまでの実戦で好投を見せているし、

ドラフト下位指名で読売ジャイアンツほども注目されないという

ある意味気楽な立場を味方につけて、同じくドラフト下位指名から

大成したイチロー選手のようにがんばろう神戸の奇跡をもう一度

見せてくれたらと思うのですがいかがでしょうね。