読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

法曹不要論

東京都内で罪なき歌手活動中の女子大生の心身を著しく傷つけた

最低な男が懲役14年の判決に不服で控訴したと聞いて被害者の気持ちを

考えろと憤りを覚えるとともに、この事案も裁判中から

弁護士の入れ知恵が垣間見えたし、被害者ファーストの視点に立てば

法科大学院を新設して弁護士の頭数を増やすとした政府の方針によって

こうした被害者の思いを踏みにじるような判断を下す頭でっかちの

弁護士が生まれたのではという思いがしました。

法科大学院はその名のとおり金がないといけないいわば特権階級のような

場所であって、法学部時代、そして法科大学院に入ってからも

合コンや乱痴気パーティに明け暮れていたような低俗弁護士が

今回の事案においてもやられる女が悪いなどと言って被告に

上告をそそのかしたのではないかと思うのです。

でも、そのようなことになっては裁判員制度の意味がないし、

庶民感情から外れたアウトサイダーばかり生み出している

法科大学院を直ちに廃止して弁護を引き受けた被告であっても悪いものは

悪いと言って上告を諦めさせるぐらいの気概を持った叩き上げの

弁護士を増やすべくではないのでしょうか。

刑事被告人も社会から外れた人間、法科大学院出身者も浮世離れした

エリート階級ということでアウトサイダー同士同類相憐れむようなところも

あるかもしれないけれど、裁判官にしろ弁護士にしろ許されざる

凶悪事件の裁判を浮世離れした人間に任すわけには行かないし、

被害者の気持ちに沿った判断が裁判の場で下されるように

司法試験の受験資格を再改定して法科大学院など出ていなくても

悪いものは悪いという揺るぎない正義感を持った法曹の人間を作り出して

いくことが被害者ファーストであるべき我が国の裁判には必要と

思うのですがいかがでしょうね。