読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

JRのない旅

東京駅から九州の博多駅まで、JRグループの列車を使わずにひたすら

乗り継ぐ旅のレポートを読んだことがあります。

一般道を走る路線バスしか乗れないテレビ東京の人気バラエティー番組に

比べると、東海道筋なら天竜浜名湖鉄道、静岡鉄道のように少しでも

西に近づけるローカル線や、小田急小田原線名鉄名古屋本線

近鉄名古屋線近鉄大阪線のように一気に距離が稼げる大手私鉄

利用できるので楽かと思ったら、こうした私鉄の途切れるところでは

先の番組同様に路線バスや徒歩、数少ない巡航船に頼るしかないのが

現実であって、首都圏から九州という途方もない距離も相まって

実行しようとすれば意外にハードな旅になりそうと思いました。

これと同じような旅を東京メトロ丸ノ内線東京駅から近鉄難波線

大阪難波駅まで紀行作家の宮脇俊三が実行した時には、先のテレビ東京

番組ではタブーになっている予約の要らない高速バスも使っていいという

ルールだったので少しはハードルが低かったけれど、静岡県内の浜名湖畔など

隣県住まいの筆者でさえ見当のつかないような殺風景な遠州鉄道バスの

停留所で東に向かうバス待ちを強いられたり、同じJR東海の駅近くでも

バス会社によって乗り場が異なったりすることがあって、

旅のプロ中のプロである宮脇俊三が先の番組の太川陽介のごとく

蛭子能収のように頼りない相棒の編集者とともにバス停を探して

まごまごしている姿が印象的でした。

さて、この宮脇俊三の旅も旧東海道を辿る旅であったけれど、筆者の地元の

名古屋市から国道153号線、旧飯田街道を辿って名鉄豊田線赤池駅から

長野県飯田市まで路線バスが繋がっていると聞いて興味をそそられました。

愛知県豊田市を超えて山中の閑散区間に入るとコミュニティバスしかないとか

本数が僅かで乗り合わせも悪い区間もあるというけれど、

中央自動車道経由の高速バスやJR東海東海道本線飯田線を乗り継ぐ

汽車旅とは異質な楽しみが一般道のバス旅にはありそうだし、

途中まででもいいから飯田街道のバス旅を楽しめたらいかがかと思うし、

先のテレビ東京の番組で路線バスが脚光を浴びていることだし、

かつて名古屋市飯田市を直通する長距離バスをこの飯田街道経由で

運行していた名鉄バスには臨時やツアーバスでもいいから

新緑の飯田街道をのんびり走る路線バスを復活させて貰えたらと

思うのですがいかがでしょうね。