読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

突き進むのみ

イチロー選手、田中将大投手、ダルビッシュ有投手らほとんどの

メジャーリーグ所属選手の出場が叶わなかったばかりか、投打で活躍が

期待されていた大谷翔平投手も出場を辞退し、ここに来て扇の要の

嶋基宏選手まで出場が危ぶまれる事態になって、対外試合で1勝2敗と

負け越している侍ジャパンに暗雲が垂れ込めてきたような感は否めません。

早くに代表チームのメンバーを決めて合宿を積んできた他国の代表チームに

比べてこの侍ジャパンは急ごしらえとか寄せ集めと言われても仕方ないと

思うし、ギリギリまでメジャーリーグ所属の選手や大谷翔平投手の出場の可否を

待ったのがかえって仇となってWBCでの世界一奪還に向けての出遅れに

つながってしまったような感もあります。

でも、昨日の台湾プロ野球選抜チームとの壮行試合など見ていると

王者にふさわしい試合運びだったし、一昨日の試合も敗れはしたものの

打線の追い上げに光るものが見られたように思うのです。

シーズンに向けた準備の邪魔といって選手会に抵抗された経緯もあって、

WBCが始まったころは各球団が四番打者やエースの派遣を渋った

アメリカも今回は投打の主軸を代表に連ねてきているし、

マチュア最強と言われるキューバなども侮れない存在であるし、

今の侍ジャパンの陣容を見ると決勝進出間違いないという我が国の

メディアの予想が甘いように思ってしまうけれど、筒香嘉智選手、

中田翔選手ら打線は気を吐いているのだし、嶋基宏選手が欠場すれば

守りの部分で弱くなるかもしれないけれどその分誰が四番でもいいぐらいの

強力打線でカバーしてまたWBC世界一の夢を現実にしてくれたらと思うのです。

野球の基本は守りというのも正論だろうけど、攻撃は最大の防御とも

言うではないじゃないですか。