読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

魔女がりも慎重に

首都圏で刻み海苔が原因とされる食中毒の事案が起きて、世間に

衝撃が広がっています。

生野菜や生肉ならともかく、加熱処理されているはずの刻み海苔から

ノロウィルスとはと言いたくなるところだけれど、手洗い、うがい、

マスクという防疫策がおっくうになっていると製造現場で刻み海苔に触る

従業員からノロウィルスが刻み海苔に付着してもおかしくはなく、

口に入るものである以上生物でなければ大丈夫という過信は禁物だと

思うのです。

でも、この刻み海苔の事案で懸念されるのが、東日本大震災や昨年の

平成28年熊本地震、そして昨年末のアメリカ大統領選挙で問題となった

ネット上のデマによって市販の刻み海苔全てが危険なように世間に

誤認されて、テレビや新聞の報道でも誤解を払拭しきれずに今回の事案とは

無関係な海苔の産地や業者にまでいらぬ風評被害が広まってしまうことです。

さて、食の安全で思い出されるのがかつて問題になった貝割れ大根の食中毒騒動と

テレビ朝日の報道がきっかけの埼玉県所沢市の野菜のダイオキシン汚染疑惑です。

当時はSNSも普及していなかったけれど、貝割れ大根の生産者は大打撃を受けて

当時の菅直人厚生大臣がカメラの前で貝割れ大根を食べるパフォーマンスを

披露する事態になったし、所沢市の件については放送倫理違反と

テレビ朝日が糾弾されることになりました。

こうした過去の経緯やもはや我々の想像をはるかに超えるものになっている

SNSの影響力を踏まえて、テレビや新聞には胡散臭い情報に流されぬように

正しい食の安全の知識を提供して欲しいと思うし、学校現場でも

刻み海苔を不安がって食べないような児童がいたら

問題の製品は出荷停止されているし、市販されている刻み海苔は大丈夫と

いって先生が児童を安心させるべきと思うのです。

刻み海苔といえばひな祭りのちらし寿司につきものだけれど、

余計な不安を抱くことなく平穏に明日のひな祭りを迎えられたらと

思うのですがいかがでしょうね。