読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

下馬評と現実

筆者が愛してやまないオリックスバファローズ

前身のオリックスブルーウェーブ時代から、イチロー選手、谷佳知選手ら

ブルーサンダー打線の象徴だった選手を次々他球団やメジャーリーグ

放出して、大阪近鉄バファローズとの統合でもパリーグ制覇に値するような

常勝軍団作りには至らずに、イチロー選手らの抜けた穴埋めを実力が未知数の

外国人選手や一軍出場がほとんどない若手選手に頼らざるを得ない状況が

続いて、なかなか低迷から抜け出せずにいます。

このオリックス球団がオリックスバファローズと名前を変えてから

海を渡ってやって来た外国人選手たちは、メジャーリーグで通算何十勝とか

ホームラン何本といった触れ込みで来日するものの、蓋を開けてみれば

メジャーリーグ時代のポテンシャルを発揮できないまま一発屋のごとく

日本球界を去る選手がほとんどであって、パリーグ公式戦の戦いで

戦力として結果を残したのはこうした半信半疑のメジャーリーグ出身選手よりも

我が国のセリーグパリーグの他球団でプレーしていた選手のように

思うのです。

オリックスバファローズに毎年ドラフト会議を経て入団してくる新人選手も

また然りであって、マツダオールスターゲーム出場や侍ジャパン入りなど

結果を残している選手ももちろんいるけれど、新人王確実とか

イチロー選手の再来と春季キャンプの頃にメディアにもてはやされていたのに

パリーグ公式戦が開幕すると怪我に見舞われたりスランプで二軍に落ちて

新人王どころかほとんど一軍に出場しないまま1年目のシーズンを終えて、

ポストシーズンの期待はなんだったんだと思うことが多々あるし、

実際、オリックスバファローズと球団名を変えてから新人王を獲得したのは

小松聖投手ただひとりというファンとしては寂しい結果に終わっています。

ここまで書いたのは半ばしくじり先生と化してしまったオリックスバファローズ

「期待の」新戦力たちだけれど、試合に出られぬならば代わりに

期待外れの結果に終わったことをしくじり先生に出演して陳謝したらどうだと

言いたくなるような寂しい結果に終わっている福岡ソフトバンクホークス

松坂大輔投手を引き合いに春季キャンプのときのメディアの論調は

あてにならぬと書いたレポートに我が意を得たりの思いでした。

ファンも球団もトレードやドラフト会議で獲得した新戦力には活躍して

欲しいものだし、阪神タイガースを熱烈に後援するデイリースポーツのように

贔屓の引き倒しのような記事を書く新聞もあるけれど、そうした期待は

期待であって、最多勝確実とか新人王確実とか新聞にあってもやすやすと

鵜呑みにせずに、ドラフト下位指名から神の領域に駆け上がった

イチロー選手のようなダイヤの原石を探すことがオープン戦

セリーグパリーグの公式戦を見ていく上でのファンの楽しみと思うし、

新戦力はおろかチーム自体も最下位確実のような下馬評に甘んじている

オリックスバファローズにも、周囲の予想を一蹴するような

快進撃を見せて欲しいと思うのですがいかがでしょうね。