mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

県境現象

東海道本線山陽本線のような幹線であっても、都道府県境や岐阜県

言えば美濃国飛騨国のような昔の国境で乗客が疎らになったり列車の

本数が減ることが散見されるといってこうした現象をある鉄道ライターが

県境現象と名付けました。

実際そうであって、近鉄大阪線などは大阪市への通勤圏では鈍行や準急の

本数も多いものの、三重県内の伊勢国伊賀国の境や三重県奈良県

県境付近では鈍行列車の本数も少なく、時間帯によっては急行や

特急などの優等列車を利用せざるを得ないケースも多いし、この近鉄のような

大手私鉄JRグループのように広大な路線網を持つ鉄道事業者のいわゆる

秘境駅もこうした県境や国境に多いように思うのです。

ここまで鉄道の県境現象に触れたけれど、テレビ東京系列で人気の

太川陽介蛭子能収の路線バス乗り継ぎ旅の途上でバスの路線が

つながらずに出演者がしばしば延々と山歩きを強いられているように

路線バスでも鉄道と同じように県境や国境でバスが途切れて乗り継ぎが

頓挫することになったり、この番組でもよく出てくるように県境や国境で

路線バスの運行事業者が変わったり極端に本数が減ったりしてある意味では

鉄道以上に路線バスのほうが県境現象が深刻とも言えるし、

こうした県境や国境を走る路線バスではバス版の秘境駅と言えるような

一日に数本しか止まらない閑散としたバス停が見られたり、

いわゆる酷道を走る路線バスも見られるように思うのです。

利用客がいなければ路線バスが廃止や減便になることも止むを得ないけれど、

盲腸線の後戻りしない旅を試みる乗り鉄にとっては、JR東海バス

廃止になってしまった岐阜県長良川鉄道の美濃白鳥駅と福井県

JR西日本越美北線九頭竜湖駅の間や、隣町で道路も通じているのに

そもそも路線バス自体が存在しない三岐鉄道北勢線沿線の三重県いなべ市

近江鉄道本線沿線の滋賀県東近江市の間など、路線バスがあれば

ローカル線を繋いだ一味違った旅ができるのにと口惜しく思うことがあるし、

過疎化で利用が見込めないという自治体や路線バス事業者の言い分も理解できる

けれど、先のテレビ東京の番組のように路線バスや鉄道のローカル線の良さが

見直されていることだし、大河ドラマ関ヶ原が脚光を浴びたのをきっかけに

岐阜県名阪近鉄バスが走らせた養老鉄道養老線養老駅

JR東海東海道本線関ヶ原駅との連絡バスのようにドラマや聖地巡礼

ブームに便乗する形でもいいから近くて遠い鉄道の駅と駅を結ぶ

路線バスを社会実験の形でも走らせてみればローカル線の需要の喚起や

県境で隣接する自治体の交流の活性化に繋がるように

思うのですがいかがでしょうね。