読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

夢の時刻表は要らぬ

正月の風物詩の福袋を最近は中身を開示して販売する店も多くなりました。

筆者もせっかく中身がわからないから夢があるのにあけっぴろげの福袋は

どうなのと思ったけれど、サイズの合わない服や要らない家電や生活用品が

入っていては途方に暮れてしまうし、店側も福袋の中身が気に入らないと

見るや否や中身をネットオークションや買い取り店に売り払われたら

立場がないと思うので、消費者と販売する側がギクシャクしないためには

中身を開示するのもひとつというように今は考えを改めました。

でも、バスツアーのミステリー旅行や鉄道の団体専用列車のひとつである

ミステリー列車はこの福袋と違って、行き先がわからないから

面白いのであって、バスツアーの広告に秘密のはずの行き先を容易に類推できる

ようなヒントが書いてあると正直興ざめしてしまうし、鉄道のミステリー列車

しても撮り鉄に行き先を推測されないように列車番号などを伏せて

鉄道雑誌に運転計画を掲載する配慮もミステリー列車の旅を心待ちにする

子どもたちの夢を壊さないためには必要な配慮と思うのです。

鉄道に関して言えば、一般の乗客が乗れないという点でこのミステリー列車とは

異質なものの、運転計画が非開示なことや風水でもラッキーカラーと

されている黄色い車体も相まってミステリー列車以上に出会えたら幸運と

されている東海道新幹線山陽新幹線ドクターイエローのダイヤを

SNSやブログで公開する行為も正直いかがなものかと思います。

さて、先のミステリーツアーの観光バスと異なり読んで字の如く決められた

路線を走る路線バスにはこうしたレアな車両やダイヤは存在しないように

思っていたら、地元の名古屋市交通局がハートバスと題してハート型の

つり革の付いた路線バスを名古屋市内と清須市大治町など名古屋市営バス

路線を伸ばす一部の周辺自治体に走らせはじめました。

1000台余りに上る名古屋市営バスの全車両のうちで僅か30両余りしか

このハートバスが存在しないと聞いて、よほど運が良くないと乗れないだろうと

思っていたら先日偶然にも乗る機会に恵まれました。

せっかく幸運に恵まれたのだから乗車記念品のピンバッジを貰おうといって

名古屋市交通局の定期券売り場に出向いたらアンケートを渡されて、

その中にハートバスには偶然乗ったのかSNSの情報などでダイヤを推測して

乗ったのかという設問があって筆者にはどこか引っかかるものがありました。

珍しいバスに乗りたいという心情は理解できるし、撮り鉄にとっては

お目当ての車両が現れないとがっかりすることもあるけれど、

このハートバスにしろ先のドクターイエローにしろ何時何分に何処何処に

来るとわかった上で出会えても感動がないように思うのですが

いかがでしょうね。