読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

関西の支線巡り

10年ほど前に、青春18きっぷを片手にJR西日本の支線巡りしたことがあります。

一駅か二駅だけの短い支線ではあるけれど、地元でもなければなかなか

乗る機会がないし、味わい深い小さな旅でした。

明石駅方面からの快速列車でJR神戸線兵庫駅に降り立って乗り継いだのが

この兵庫駅から隣の和田岬駅に向かう山陽本線の支線です。

休日ということもあって、通勤客が乗らず自分以外は乗り鉄と一目で

分かる乗客であったけれど、JR西日本103系電車から眺める神戸市の

工業地帯の情景には心惹かれるものがあったし、国鉄の味わいの残る

JR西日本103系電車と終点の和田岬駅周辺のコントラストにも良い印象を

受けました。

この和田岬駅は神戸市営地下鉄海岸線の同名の駅と連絡しているけれど、

乗り継ぎ客は皆無であって、休日は閑散としているJR西日本和田岬駅と

休日でも地元民の一定の利用があって活気のある神戸市営地下鉄海岸線の

和田岬駅の賑わいの違いは正直複雑な思いがしたけれど、

平日は通勤客でJR西日本の支線も賑わうのだし、一部で囁かれる廃線

話を一蹴して欲しいと思います。

この和田岬駅の支線に乗った日は大阪市内に投宿して翌日は同じJR西日本

阪和線の支線に向かいました。

まずは関空快速紀州路快速も止まる鳳駅から隣の東羽衣駅に向かう

無名の阪和線の支線です。

この支線は先の山陽本線の支線のように廃線の噂は出ていないものの

東羽衣駅に隣接する羽衣駅から大阪市の中心の新今宮駅南海難波駅

乗り換えなしで行ける南海電鉄南海本線に劣勢は否めないところです。

でも、昭和テイストの東羽衣駅の高架駅にはなかなか味わいがあるし、

乗り鉄には有名な先の山陽本線の支線のように乗ることが目当ての

ファンが集まってくれればと思いました。

お次はこの阪和線の支線の扱いだけれど、関西空港線という独自の線名を

もらっている日根野駅から関西空港駅への支線です。

こちらは同じ阪和線の支線でも関空快速や京都駅からの特急はるかが行き交って

本線並みの活気があるし、途中のりんくうタウン駅から南海電鉄空港線

合流するかたちになるのも面白いけれど、開港当時に比べて

関西国際空港自体に活気がないのは否めないし、大阪市からの安価な

リムジンバスとの競争にさらされてJR西日本南海電鉄

劣勢なのは気になるところです。

今春でJR西日本も創立30周年を迎えるし、ここで触れなかった和歌山駅から

和歌山市駅までの紀勢本線区間列車も支線の仲間に加えて、

青春18きっぷ片手に春の一日JR西日本の支線巡りをしてみてはと

思うのですがいかがでしょうね。