読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

アイドルとの距離感

AKB48前田敦子を名乗る偽メールに引っかかって出会い系サイトから

多額のお金を騙し取られた人間たち。

人気声優の水樹奈々さんのSNSに殺害予告を書き込んだファンの男。

そして一方的に好意を寄せたアイドル活動をしていた女性にプレゼントを

拒絶されたことに一方的に立腹して彼女を殺めようとした男。

三者三様の事件に見えるけれど、いずれもアイドルと世俗の人間との

距離が近くなりすぎたために疑似恋愛と本当の恋愛の境界線が

あやふやになってしまった若者が少なくないことが一因のように

思うのです。

冒頭の偽前田敦子からいくと、選抜総選挙で首位を取ったこともあって

立場のある彼女が、如何わしい出会い系サイトにわざわざ登録して

その場で人生相談などするはずがないと思うのだけれど、

彼女の古巣のAKB48が会いに行けるアイドルと言われるように、

SNSTwitterで奔放とも言える言動を繰り返すアイドルや、

神対応のひとつのつもりかSNS上でファンに悩みを打ち明けたり

反対にファンの悩み相談に乗ったりするアイドルが珍しくなくなった

ことで、こうしたSNS上でのファンとのやりとりの延長線上で

前田敦子も立場があるがゆえに匿名性の高い出会い系サイトを使って

自分に悩み相談をしようと試みたのではと思うファンがいても

おかしくないと思うのです。

水樹奈々さんへの脅迫事件とアイドル活動をしていた女子大生への

殺人未遂事件もまた然りであって、YouTubeで地球の裏側の景色を

眺めて行った気分を味わうようにアイドルのTwitterSNSを眺めて、

あるいはそれにレスポンスを入れている内に地球の裏側よりも

遠い前田敦子水樹奈々のようなアイドルが身近にいるように

感じられて、疑似体験、疑似恋愛のままで済めばいいのだけれど、

アイドルのSNSに対する自分の書き込みへの好意的な反応や、

コンサートや握手会で自分に微笑みかけてくれたことを自分への本当の、

仮想現実ではない好意と感じて一線を越えてしまった輩が

リアルの世界でアイドルが自分の意のままにならないことに立腹して

大好きなアイドルに対して取り返しの付かない事態を引き起こして

しまったように思うのです。

自分もアイドルを応援するひとりとして裁判員裁判を担当した裁判員

被害者の傷跡を見て気持ちが悪くなってしまったというほどの

一生消えない心身の傷を愛すべきアイドルに負わせてしまった

先の殺人未遂事件はほんとうに許しがたいと思うし、

この事件を裁く裁判官や裁判員たちには被告が事件直後に救護措置を

要請したから減刑してくれという被害者に対して失礼極まりない

詭弁に左右されずに被告は一生刑務所から出るなという

被害者の気持ちに応える判決を下して欲しいと思うし、

水樹奈々さんの一件も殺害予告に震え上がる本人の気持ちを考えたら

実際に危害が加えられることがなくても冗談では済まないことだと

世間に知らしめる必要があると思うのですがいかがでしょうね。